美容や健康に関するおすすめのトレンド情報をご紹介していきます

おすすめトレンド美容健康サイト

ダイエット

産後ダイエットで効果的に痩せる方法とは!?痩せない原因はコレだった!

更新日:

産後に痩せない。これで悩んでいる女性。実はものすごく多いんです。

なぜかといえば産後は痩せやすいと言われているからです。

 

一般的に痩せやすいと言われているのに痩せないから焦るんです。痩せない人は悩むに決まっているのに、誰が言い出したんでしょうね。

でも安心してください。痩せないからって痩せる必要はありません。

 

ダイエットで絶対にしてはいけないことが1つあります。それは人と比べること。これは絶対にしてはいけません。

 

人と比べて良いことは一つもありません。他人より痩せていることを自慢したい人だけが人と比べて喜んでいてください。

ほとんどの人は人に自慢したいわけではないはずです。綺麗で美しい体型でいたい。そのために体重を減らしたい。

ただそれだけのはずです。

 

その場合、比べるという行為は、デメリットしかありません。人と比べることでモチベーションが上がるタイプの人であれば、比べても良いかもしれません。

でも、うまく体重が減っていれば気持ちも安心しますが、産後ダイエットのように、出産前はすぐ痩せていたのに、全然痩せなくなった。

そういう体の変化によって痩せにくくなった時にさらに焦りやすくなります。

 

正しいダイエットの知識を身につけて、さらに産後にすべきことをちゃんとやれば自然と痩せていきます。

産後に気をつけたいダイエットの効果的な方法について詳しく見ていきましょう。

 

 

実は産後は痩せにくい?

体の仕組みについて説明する医師

 

産後痩せやすいと言われる理由の1つは授乳です。

確かに授乳にはカロリーが消費されている。一般的には平均して500kcalあたり消費されます。

でも、産後の体というのは、妊娠前の体と大きく変化しています。骨盤がゆがんでしまったり、筋肉がおとろえて、ゆったりした体つきになったり。食欲の変化から食生活も大きく変わっているでしょう。

 

そういう意味では、授乳しているとはいえ、痩せやすいでしょうか?

人によっては授乳中も体型の変化がなく、授乳が終わっても体重が減らない人も大勢います。完全母乳が痩せやすいというのは、少し理由としては、薄い気がします。

 

子供の面倒を見ながら、家事もこなし、毎日クタクタ。だけど痩せない!こんな人もたくさんいます。

なぜか?太る原因と痩せる構造についてみていきましょう。

 

産後に太ってしまう理由

太る理由と痩せる理由は簡単です。

何も食べなければ絶対に太りません。どれくらい時間がかかるかは人によって違うでしょうが、必ず痩せます。ただし絶対にやってはいけませんよ?

 

痩せないと言う人。よく考えると太っていないとも言えます。つまり、太らないように現状維持できていた。現状維持するための行いをしていたということです。

それは運動かもしれません。体に取り入れる要素と消費する要素が、±0だったとき。人の体重に変化は訪れないでしょう。ある意味で痩せていた、太らないでいた、そう言えます。

要は、トータルバランスでしかないのです。

 

仮にこれがマイナス側に1日あたり体重100gだけ傾いたとしましょう。

10日で1kg。

100日で10kg。

単純計算でこうなりますね?

 

ただし、必ずしもこうはいきません。なぜなら体に見合った体重というものがあるからです。

そもそも体重であまり判断しない方が良いです。それよりも体脂肪率で見るべきです。

太っている大きな原因は、脂肪でしょう。Exileのメンバー間では、体脂肪率が一桁でなければデブらしいですね。まぁそれは置いておいたとしても、やはり体脂肪率で見るべきです。

 

自分の体型、身長などに見合った体重よりも、さらに減らそうとすると、体にとって危険な行いと言えるでしょう。同じ体型でも筋肉量によって体重は変わります。

もう一度最初の目的を思い出しましょう。ダイエットの目的は、綺麗な体型、美しい身体、そうですよね?

モデルさん、芸能人の方を理想として見るのは良いですが、マネしてはいけません。彼女たちはプロです。体型を保つのが仕事です。数字を公表したとしても、本当かどうかも分かりません。見た目も、いくらでも隠せます。

 

体重の増減は、プラスとマイナスの合計でしかありえない。そして体重ではなく体脂肪率を重視すること。

これがわかっているだけで、取り組み方が全く変わってくるはずです。

 

産後のダイエットの効果的な方法

出産に伴って体の骨盤の位置にも変化が出ています。

産後のダイエットの取り組みとしては、ずれてしまった骨盤を元の位置に戻す取り組み方が有効です。

骨盤のズレによって内臓の位置も出産前と違っていて、それが原因で体の代謝が悪くなったり便秘になっている可能性もあります。

出産してから腰回りに少し違和感を感じているような人は、骨盤がずれてしまっているかもしれません。

骨盤矯正用のベルトを使ったり、仰向けに寝ている状態で腰の部分に枕など置いたりして、腰を少しずつ動かす骨盤矯正などで骨盤の位置を元の位置に戻してあげることが、ダイエットにつながります。

 

食事量は減らさない

ダイエットと聞くと食べることを制限する方向で考える人もいます。

出産が関係していなければそれでも良いかもしれませんが、子供を産んだ直後の場合、母体の栄養不足は危険が伴います。

産後ダイエットでは、食べる量で調整するのはやめましょう。

しっかりと栄養を取った上で、運動量を増やしたり、その食べ方の調整で痩せる方向へ持って行きます。

 

食べる順番を変える

通常のダイエットでも有効ですが、食べ方を変えるだけでも痩せることにアプローチできます。

いきなりご飯を食べている人は、まずは汁物でお腹を満たして、野菜を先におなかのなかにいれる、ご飯は最後に食べることで急激な血糖値の上昇を避けることができます。

高カロリーなものを先に食べるよりも、低カロリーのものから食べた方が満腹中枢を刺激して食べ過ぎることもありません。

 

よく噛んで食べる

噛む回数を増やすのも単純なようですがダイエットに有効です。

噛むことで満腹中枢が刺激されるので、少量でもしっかりと食べた感覚をを残すことができます。

唾液の分泌量も違っていて、おなかの中での消化活動にも影響が出てきます。

最低でも一口に30回ほど口の中でしっかりと噛んであげることで、今までよりも食欲を抑えることができるようになるでしょう。

 

太っていることを気にしすぎないこと

出産後はただでさえストレスが多い状況ですよね。

そこにわざわざ太っていることまで気にしだすと、さらにストレスを感じてイライラしてしまうでしょう。

イライラがまた食欲をかきたてることになり、太る方向での悪循環に陥ってしまいます。

出産後時間が経つにつれて出産前の状況に近づいていきます。

あまり気にしすぎず、今まで通りの生活を続けることで、子供も成長するので子育ての負担も少なくなっていき、自然と細身の体に近づいていくでしょう。

むしろ子供のことを気にかけすぎて、あまり食べなくなった細身の胃弱体質のような健康な体のお母さんになってはいけませんよ。

 

産後ダイエットを始めるタイミング

産後のダイエットはどの時点から始めるべきか悩む人もいるかもしれません。

先程も行ったとおり、産後直後であれば子供のために母親は健康的な体を維持しなければなりません。

子供に与える母乳も母親が健康的な体でないと、子供に栄養を与えることができない。

そんな時期に自分のことを考えてダイエットを始めるのは、少し早すぎるでしょう。

一ヶ月検診を境目に、順調であればダイエットに取り組んでも良いと言う話もあるようですが、もう少し様子を見ても遅くはないでしょう。

半年後や1年後にダイエットをはじめても、誰もそのことで体型について見方をとやかくは言わないでしょう。

 

ダイエットの取り組み方を変える

仮に妊娠前と産後で比較したときに、運動量、食生活が全く同じとします。それでも同じ1日マイナス100グラムにならないとします。

 

なぜか?これは体の中の構造が変わったことによる可能性が大きいです。妊娠による特有の体の変化というものが、あるのかもしれません。

しかし、妊娠していない普通の女性にも、こういったことは起こり得ます。一番考えられるのは、体に入ってきたものを消化吸収する機能と体から排出する機能の変化です。

 

消化吸収で言うと酵素が関係深いです。排出する機能で言うと腸内環境でしょう。年齢を重ねると代謝酵素が不足し、身体全体の代謝機能が低下しやすくなります。

腸内環境の悪化は、便秘などにつながりそれだけで体重に影響しますが、毒素を出す便を体の外に出さすに置くことで、腸管から体に毒素が巡り、肌荒れなどの原因にもなります。

こういったから中の変化が、今までの体重変化と違った原因となっている可能性が考えられます。

 

健康的に自然に痩せる方法

筋肉の話も冒頭でしましたが、筋肉量の低下が消費カロリーに大きく影響することも考えられます。体はくたくたでも、思いのほか脂肪には影響が出ていないということかもしれません。

有名なライザップでも筋肉トレーニングと同時に食事制限なども行われているようです。それと同じように、基本的な運動と食事制限は行うのですが、体の中を改善すると言う取り組み、これもダイエットにとって非常に重要な取り組みなのです。

 

参考⇒自宅でできるライザップ!?ジムに行かなくても簡単に痩せられた!

 

モデルさんのたちが、酵素ドリンクや、青汁ダイエットなどをしているのは、それが効率的であり、体型を保つ秘訣であり、何より楽なんだと思います。

ダイエットは、短期間で結果が出るようなものではないです。短期間で痩せた場合、必ずリバウンドしているでしょう。

リバウンドしては、意味がないですし、ショックも大きいでしょう。せっかく努力した結果がなくなればやる気もなくなります。

それよりも無理なく取り組んだほうが、ずっと継続することができます。正しい方法でしんどくなくゆっくりと痩せていく。それが出来た時、周りの痩せれない人を見ても、痩せている人を見ても、全てわかっている自分は落ち着いた気分でいられるでしょう。

 

参考⇒モデルさんにも大人気のフルーツ青汁で健康的に痩せよう!

 

産後ダイエットで効果的に痩せる方法のまとめ!

 

産後ダイエットの方法について色々と見てきましたが、いかがだったでしょうか?

 

産後すぐにダイエットを始めるのは少し危険かもしれませんね。

子供のことを第一に考えながら、しっかりと健康的な体を保つ必要はあります。

そのうえで、ダイエットに取り組むのであれば、問題なく痩せることができます。

 

産後に気をつけるべきポイントをしっかりと押さえて、無理なく痩せるようにアプローチすれば、健康的に自然に痩せていく。

産後の体型の悩みを抱える方の参考になれば幸いです。

 

関連コンテンツ



人気おすすめ記事

1

休日の上手い過ごし方がわからない・・・。そんな人のために休日の過ごし方の悩みタイプによっておすすめの方法を伝授します!

2

大人気でいきおいの止まらないすっきりフルーツ青汁! はたしてダイエットに有効なのか!?美容面でどれだけ優れているのか!?   そんなすっきりフルーツ青汁のどこがすごいのかについて詳しくまとめ ...

3

目つきの意外な改善方法が・・・!?目つきの悪さはデメリットばかり。早く治さないと損しつづけることに・・・。顔の印象を整える表情筋ストレッチもあわせてどうぞ!

4

バストアップを諦めてしまってませんか? これまで中途半端にバストアップに取り組んできた人は、効果を出し切れていない可能性は高いです。   バストは1カップでも大きくなれば、見た目にはぜんぜん ...

-ダイエット

Copyright© おすすめトレンド美容健康サイト , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.