美容や健康に関するおすすめのトレンド情報をご紹介していきます

おすすめトレンド美容健康サイト

ダイエット

隠れ肥満の解消方法まとめ!無駄な脂肪を落として健康的な体作りに取り組むべき理由とは?

更新日:

外見上の見た目としては、太っているように見えなくても、体重を見てびっくり!?そんな隠れ肥満の人も意外と多いんです。

体脂肪率が大きい人の隠れ肥満の対象。生活習慣病の危険性もあるので、低脂肪率が大きい人は気を付けたいところです。

特に女性の場合は隠れ肥満になりやすいこともあるので、注意が必要。

 

そんな隠れ肥満の解消方法について詳しくまとめてみました。

それでは見ていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

隠れ肥満の解消方法とは?

スマートな体型の女性

女性は体型を隠すのもうまいですが、自分も知らない内に騙されているケースが多いです。

ふとしたときに気づいてももう遅い・・・ぶにぶにのぐにゃぐにゃお腹のお肉を見て、思わず笑っちゃうしかないです(泣)。

甘いものや食べることが好きな女の人は、常に脂肪との戦い。

そんな隠れ肥満の判断材料とは一体どんなものなのでしょうか?

 

隠れ肥満の定義とは?

隠れ肥満といっても、見た目からは細身に見える人もいます。意外と体重からは判断が難しいんですよね。

 

お腹がぷっくりと出ていたり、腰回りが脂肪で明らかに膨らんでいたり、二の腕や脇周りのお肉、ふともものふくらみなど、見てすぐわかるほどに太っていれば、はっきりと肥満状態とわかるんですが、隠れ肥満はそこで気づくことができないのが問題。

筋肉が脂肪よりも思いので、体型から判断するよりは体脂肪率で判断すべきです。

体脂肪率なら体重に惑わされずに、筋肉や体の構成する要素から脂肪分だけを割り出すことができます。自分の体脂肪率を調べたことがない人は、一度体脂肪率について計測してみてください。

 

皮下脂肪型の肥満タイプ

皮下脂肪型の人は、筋肉の上から脂肪がつくタイプの肥満型です。

脂肪がついて気になる部分の、腕やお腹、お尻やふとももといった部分につくタイプになります。

このタイプの人は隠れ肥満ではなく、明らかに体型に目立つような不満なため自分や他人からみてもすぐにわかります。

そのため太っていることがわかりやすく何とかしなければいけないと考えることができるので、ある意味危険信号を察知できるタイプの肥満型と言えます。

内臓脂肪型の肥満タイプ

内臓脂肪型の肥満タイプの場合、内臓の周りに脂肪が定着するため、一見すると太っていないスマートな体型に見えます。

自分で気づく頃にはお腹がぽっこりと膨らんでいるので、常に大量の脂肪が体に定着してしまっている状態。

その時点からダイエットに取り組んだとしても、相当努力が必要になっているわけです。

そしてもちろん健康にも大きな被害を及ぼしている可能性が高い

生活習慣病を発症しやすいのは内臓脂肪型タイプと言うのがこれでわかるでしょう。

生命活動における重要な機能としての内臓の機能を阻害しているわけですから、糖尿病はもちろん、血管に関わる病気である動脈硬化や高血圧の原因にもなります。

 

特にお腹周りに脂肪が付きやすい理由とは?

お腹周りの脂肪が気になる男性

隠れ肥満の場合、特にお腹周りに脂肪がつきやすいです。

なぜお腹周りに脂肪がつきやすいのかというと、それだけお腹を使う機会が少ないからです。

 

普段運動しない場合、徒歩による運動がほとんどでしょう。

仕事をしている人の大半は、座り仕事や立ち仕事などその場から動かない時間が非常に長い。そう考えると運動の機会というのは、通勤する時の移動のみ。

歩くだけだと足や腕は動かすけど、お腹は使わないんです。

平日でも家の中で過ごすことが多い主婦の方だと、三段腹になりやすいのもこれが理由ですね。

 

腹筋だけだと脂肪をコントロールするのは難しい

お腹の脂肪が気になり始めてから何とかしようと思い立って腹筋を始める人もいます。

でも正直、お腹にお肉がついてから突然腹筋しはじめても遅いです。

 

確かに筋肉による脂肪燃焼効果はありますが、それと同時に新しく食べるものから吸収する分と相殺されることを考えると、足りないんです。

もちろん運動や筋肉トレーニングも重要ではありますが、それよりも効果的なのは食事の制限による脂肪への取り組みです。

 

年齢による脂肪のつきやすさ

脂肪のつきやすい原因として年齢によるものもあります。

20代後半になると成長ホルモンの分泌が活かしていき、リパーゼと呼ばれる脂肪を分解する酵素も減少することになります。

身体的な機能としても、脂肪を分解する能力が低くなっていくために、お腹周りの脂肪も貯まりやすいというわけです。

同じ取り組みを継続しているのに、なぜかは知らないうちに太っていってしまうという人は、年齢による影響が大きいと言えるでしょう。

運動量を増やすか食事の量を減らすか

この場合の対策方法としては、運動量を増やすか食事の量を減らすかのどちらかです。

年齢を重ねると若い頃よりもお金に余裕が出てきて、美味しい食べ物を好きなだけ食べれるようになります。

これまで我慢して節約してきたことで、弾みがついてついついたくさん食べてしまう。

高齢の肥満の原因はこれが最も大きな理由です。

 

脂肪燃焼能力を高める方法

年齢とともに脂肪を分解する能力は下がっていきます。

しかし、代謝能力を高めることはできます。

その方法の一つとして筋肉トレーニングが挙げられます。

筋肉トレーニングによって身体全体の基礎代謝を向上させれば、脂肪を燃焼させる機能が高まるというわけです。

正しい中途半端な筋肉トレーニングだと効果を実感することはなかなか難しいでしょう。

食事制限をしながら継続的な筋肉トレーニングができて、ようやく無理をしなくてもスマートな体型を保つことができるようになります。

つまりほとんどの人は筋肉トレーニングによる脂肪減少させる行いは向いていないということです。

効率が悪いと言い切って良いでしょう。

それでも筋トレに興味がある人は、全く無駄ではないので取り組んでも良いですが、無理はしないようにしておきましょう。

 

脂肪の制限は食事での調整が必須

隠れ肥満の対策として、食事による制限でのカバーは必須です。ひとまず隠れ肥満を改善するためには、供給源を制限する必要があります。

人間として食べるのをやめるわけにはいかないですが、食べるということは新たに脂肪がつくということです。

これを防ぐためには食事制限が有効。ただし極端にやると必ず失敗します

極端にやって結果がでないと、イライラによって食欲が暴走して返って危険です。リバウンドもしやすいですし・・・。

 

少しずつ減らしていくことの重要性

ダイエットもそうですが、やり始めたときはやる気があって突然食事内容を大きく変える人もいます。

でも、これも失敗しやすい原因の一つ。これまで続けてきたことをいきなり変えてしまうとその反動で必ず無理が出てきます。

 

理想としては自分にバレないように少しずつ減らしていくこと

ダイエットは自分との戦いなので、意識させないことが最も重要。痩せようとする取り組みを無意識に行うことで、自然に痩せる方法が正しい痩せ方です。

 

間食は控えるようにしよう

自宅や職場などで、自分の身の回りにお菓子などの軽食を置いている人は注意が必要です。

間食は脂肪の大敵。

少量だから問題がないと思っていませんか?

それが毎日続けば継続して体内に取り込まれる脂肪の量は確実に増え続けます。

お菓子好きな人はある意味中毒になってしまっているのかもしれません。

自分の意思を強く持って断ち切らないと、他のダイエットの行いも全く無意味なものになってしまいます。

 

ストレスを感じている時は注意

ストレスという話が出ましたが、ダイエットにおいて実は精神的な面がかなり重要。

普段の生活などでストレスを感じているとき、そのストレスの発散として食べることを選択する人はかなり多いです。

 

ダイエットしていること自体もストレスの1つ

嫌なことに対して、イライラを解決するために”食”という選択はとても簡単に行える快感行為の1つ。ここを制限するのは、相当難しいです。人間の根源的な欲求ですからね。

それならば、アプローチとしてはできるだけストレスを感じないようにすることが正しいアプローチ。

このことを知っておくだけでも、自分を見失って状況を判断できずに好きなように欲求を爆発させたいときに食べまくるという行為を防ぎやすくなるでしょう。

 

隠れ肥満の解消方法のまとめ!

隠れ肥満の解消方法について見てきましたが、いかがだったでしょうか?

女性は食べることが好きな人も多いので、隠れ肥満になりやすい人も多いです。

 

まずは自分がどれだけ肥満状態なのかを知ることが大事です。

実は太っていないのかもしれませんし、体重だけで判断してしまっていた人もいるはずです。

体型だけで判断するのも良くないということです。

 

そして肥満の解消方法も色々ありますが、無理に焦ってダイエットしないことです。

できるだけゆるやかにダイエットに取り組む方が成功確率は高いと言えるでしょう。

隠れ肥満は、見た目上目立たないですが、いつ体型を見せる場面が来るかわからないですし、肥満状態は健康的にも良くないです。

生活習慣病になる一歩手前の状態かもしれませんし、だんだんと肥満に慣れて徐々に太ってしまうと、自分でも諦めてしまって、体の大きな女性になってしまうかもしれません。

 

自分が動きやすくキレイに見える体型をいつまでも保てるように、少しずつ理想の体型を目指して痩せていきましょう!

 

関連コンテンツ



人気おすすめ記事

1

休日の上手い過ごし方がわからない・・・。そんな人のために休日の過ごし方の悩みタイプによっておすすめの方法を伝授します!

2

大人気でいきおいの止まらないすっきりフルーツ青汁! はたしてダイエットに有効なのか!?美容面でどれだけ優れているのか!?   そんなすっきりフルーツ青汁のどこがすごいのかについて詳しくまとめ ...

3

目つきの意外な改善方法が・・・!?目つきの悪さはデメリットばかり。早く治さないと損しつづけることに・・・。顔の印象を整える表情筋ストレッチもあわせてどうぞ!

4

バストアップを諦めてしまってませんか? これまで中途半端にバストアップに取り組んできた人は、効果を出し切れていない可能性は高いです。   バストは1カップでも大きくなれば、見た目にはぜんぜん ...

-ダイエット

Copyright© おすすめトレンド美容健康サイト , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.