美容や健康に関するおすすめのトレンド情報をご紹介していきます

おすすめトレンド美容健康サイト

ダイエット

ダイエットじゃない!減量するんだ!プロに学ぶ減量の神髄とは?

更新日:

真実を知った女性

 

まさかダイエットなんて甘い言葉使ってませんよね?

ダイエットと言っている限り、本気の取り組みとは言えないですよね。

 

言葉は言霊。

そこに甘さが宿ります。

 

もしあなたが、ヌルいダイエッターではないのなら。

本気で体重を気にしていて、痩せたいと思っているなら。

 

「減量」という言葉を使って下さい。

 

減量するんだという明確な意思を持ってください。

言葉にすれば、意識が変わる。

そうすれば気づいた時には、何もしなくても痩せたカラダを手にしています。

 

減量と聞くと、プロボクサーや、騎手の人が思い浮かびます。

プロボクサーや騎手の減量のプロフェッショナルっぷりは知っていますか?

彼らは試合がかかっているので、絶対に痩せる必要があります。

 

正確な食事量と運動量、水分補給。

毎日500gずつ痩せて、試合の日に調整する。

騎手の人は、そもそも食べる量を減らすために、胃の大きさを小さくするなどの努力を小さい頃からしているそうです。

 

今回はそういったプロの減量から少しでも私たち素人が、痩せるために学べることについて、お伝えしたいと思います。

それでは見ていきましょう。

 

 

減量?何を減らすの?

疑問を浮かべる女性

 

ダイエットと言っている人の中でも、大半のド素人の人たちは、体重ばかり気にしています。

 

プロがなぜ体重で判断しているかというと、自分の身長や体格などから、理想の体型を知っているからです。

 

もちろん体脂肪率も把握しています。

明確な到達点が見えているんです。

だから体重で判断して問題ない。

 

ところが、ふつうのよく分からずにダイエットに取り組んでいる人の場合、単に1kg2kg痩せたからといって喜んでいるわけです。

そこにあと5kg痩せたいなどと、体重だけを見ている。

そうじゃないんです。

 

減量と言って何を減らすのか?

脂肪に決まってるじゃないですか。

 

よく女性にありがちなんですが、仮に体脂肪率が0として、まだ体重を減らすつもりですか?

どうなりたいのかまったくわけがわかりません。

弱々しい細々としたカラダになってどうするんですか?

キレイでも、スマートでもなく、モテることもないでしょう。

魅力ゼロです。

 

体重の増減って誰にでも起こることですよね。

簡単なんです。少しの変化なら。

だから、間違ったことをしてもそれに対して良い結果が出ることもある。

そこで勘違いをするんですね。

 

理想の体型

もし健康で美しいカラダ、体型を目指すならある程度の体重は必要です。

 

海外のモデルさんを見ればわかりますが、しっかりとした肉付きがあります。

日本でも、たまに芸能人でダイエットで激やせしてる人がいますが、やりすぎて引かれてますよね。

 

もう一度、減量した結果、どうなりたいのかをしっかりとイメージすることが大切です。

 

そうすれば体重に振り回されることはないはずです。

脂肪が減れば結果的には体重が減ることになりますが、それよりも体脂肪率の方が重要。

同じ体重でも、体型がスマートになっていればきっと問題ないですよね?

 

まずはここをしっかりと理解してください。

これが理解できないと、体重の変化がなくなったときに、ストレスを感じて、取り組みを続けることができなくなってしまいます。

 

減量の本気の取り組み

減量に取り組む男性

 

ここまで読んでいる人は、本気で取り組みたいと思っている人でしょう。

ヌルいダイエッターは立ち去りました。

それでは本格的な取り組み方法についてみていきたいと思います。

 

大前提の基本的なことを先に言っておきましょう。

減量で検索すると、色々な減量メニューなどでてきますが、要約すれば、栄養バランスを保った食事メニューは基本。

その中で量を調整したり、ふだん意識しないと摂り入れないようなものを、意識してみる。

そういったことをすることになります。

 

全て行う必要はありません。

注意すべき事だけ頭に入れておいて、自分に合った、自分にできそうなものを選択して、取り入れるようにしてみましょう。

 

大きく分けて、食事面と運動面に分けられます。

それぞれについてみていきましょう。

 

減量の運動面

ジムでトレーニングする女性

 

女性の場合、筋肉をつけることを嫌がります。

ですが、内筋、体幹を鍛えることは、代謝機能アップの面からも非常に有効です。

 

最近では少しずつ、見直されてきていますが、しっかりした筋肉があってこその美しいボディです。

ヨガや、フィットネス、ダンスなどをされている方は、そのあたりしっかりと認識されているはず。

 

最近は自宅でも簡単に取り組むことができるエクササイズなども、ネット上で動画で公開されています。

無理のない範囲で、日々の生活のわずかな時間で良いので、取り入れることをお勧めします。

 

最近はやりのライザップでも、食事管理と、身体全体の筋力トレーニングは並行して行われているそうです。

どちらも取り組めばそれだけ効果は高いでしょう。

 

しかし、一気に全部やるのは、なかなかしんどいです。

出来る範囲で少しずつ取り入れてみましょう。

 

少しでも痩せたい!自宅でできる運動ダイエットまとめ!

減量の食事面

栄養に気を遣う女性

 

まず朝食を食べていない人。

絶対に食べるようにしてください

 

食事の間隔をあけると、それだけで太りやすくなってしまいます。

お相撲さんもあえて朝食を抜いてトレーニングします。

 

プロのボディービルダーの方は、減量する時に細かく食事の回数を分けるそうです。

多い人で7食とか・・・。

 

それぐらい間隔を置いて、低カロリーの食事を少量ずつ摂るほうが、痩せやすいんです。

それをするだけでも、辛い思いやしんどいことをしなくても自然と減量していくケースも十分考えられます。

 

普段食事に気を使っていない人は、より効果を感じやすいでしょう。

朝食抜いてしまうと、代謝機能の低下したり、便秘などの原因にもつながります。

夕食から睡眠時間と朝食まで抜くと、昼食まで随分と時間が空くことになります。

 

1日を過ごすための、栄養補給が前日の夜というのは、カラダにとっても酷なこと。

朝食を抜くと痩せやすいというイメージが強すぎて、誰もがやってしまうんですが、逆です。

減量は健康的な状態で行わなければ意味がありません。

 

ちょっと危険なことをすると、自分が頑張っているような気がしてやっちゃうんですよね、素人さんは。

朝食は一番メインにすべき食事タイミング。

健康になりたいなら朝食を重要視してください。

 

カラダの血の巡りを良くして、しっかりと水分補給をすれば、カラダに溜まった老廃物もキレイに排出することになります。

朝食は意識して改善するようにしましょう。

 

すっきりフルーツ青汁の口コミ情報と成分効果まとめ!!フルーツ青汁で楽ちんダイエット!

 

甘いものは食べちゃダメですよね?

間食する女性

 

減量という取り組みですから、意識として甘い物を食べてはいけないことはわかるでしょう。

 

ですが、ストレスを感じては続けることが難しくなるので、我慢するのは良くないんです。

続けていく中で、周期的にご褒美として少量のお菓子、デザート、ケーキなどを食べるのは悪いことじゃないんです。

 

むしろそれを目的に頑張れるのであれば、適切なタイミングで取ることは良い効果を出してくれるでしょう。

とりすぎなければ、問題ないです。

 

ただし、しっかりと制限して、今までの取り組みを継続することが大切です。

 

ダイエットじゃない!減量!のまとめ!

スリムになって喜ぶ女性

 

ダイエットじゃなく、減量として取り組めば、意識が変わります。

同じことと思うかもしれませんが、取り組みに意識改革はとても重要です。

 

方法論よりも、どれだけ長く続けることができるかの方が重要です。

 

意識が変われば、結果はすぐについてくるでしょう。

焦らずにじっくりと、本気で取り組んでみてくださいね。

 

関連コンテンツ



人気おすすめ記事

1

休日の上手い過ごし方がわからない・・・。そんな人のために休日の過ごし方の悩みタイプによっておすすめの方法を伝授します!

2

大人気でいきおいの止まらないすっきりフルーツ青汁! はたしてダイエットに有効なのか!?美容面でどれだけ優れているのか!?   そんなすっきりフルーツ青汁のどこがすごいのかについて詳しくまとめ ...

3

目つきの意外な改善方法が・・・!?目つきの悪さはデメリットばかり。早く治さないと損しつづけることに・・・。顔の印象を整える表情筋ストレッチもあわせてどうぞ!

4

バストアップを諦めてしまってませんか? これまで中途半端にバストアップに取り組んできた人は、効果を出し切れていない可能性は高いです。 バストは1カップでも大きくなれば、見た目にはぜんぜん違ってきます。 ...

-ダイエット

Copyright© おすすめトレンド美容健康サイト , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.