美容や健康に関するおすすめのトレンド情報をご紹介していきます

おすすめトレンド美容健康サイト

ダイエット

ウォーキングとジョギングのどっちがダイエットで痩せやすい?歩くだけの簡単運動で痩せるために必要なこととは?

更新日:

ウォーキングで痩せようとするすごい気力を持った方がいます。

これぶっちゃけかなり難しいんです。

なぜかというと、時間がかなりかかるからです。

 

そういう意味ではウォーキングは痩せないと言ってもいいかもしれません。

厳密には痩せにアプローチしているんですが、かなり効率が悪いです。

どうしても激しい運動ができない、ジョギング程度の運動すらできない。

そういった事情があるなら、仕方がないかもしれません。

 

ただ、ダイエットの取り組みにウォーキングをする人は、楽に痩せたい人が多いです。

楽に痩せたいということ自体は悪くないですが、結果的に痩せないとかなりストレスを感じることになりますし、結果的に楽じゃないということになります。

もし歩くだけで痩せるとするなら、どうすれば良いのか?

 

今回はウォーキングと痩せることの関係性について詳しく見ていきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

ウォーキングよりもジョギング

ジョギングする人たち

あたりまえのことを言いますが、ウォーキングよりもジョギングの方が効果的。

なぜなら短い時間で運動量が多いからです。

 

ダイエットはカロリー消費のプラスとマイナスの合計

結局のところ、ダイエットは増えるものと減るものの差でしかありません。

いくら長時間歩いたところで、消費されるカロリーはかなり低いです。

正直1時間歩くくらいなら、自宅の部屋で簡単なエクササイズをする方がよっぽどカロリー消費が大きいでしょう。

気分転換もかねて、そこまでダイエットを考えていない、あくまで健康のためだというのであれば、ウォーキングはとても良い行いです。

肉体的にも精神的にも有効に働くでしょう。

 

負荷が軽いとなかなか痩せれない

ただし、ダイエットのメインとして取り組むには、効果が薄すぎます。

無理してダイエットに取り組むのは良くないですが、楽をしすぎてもやっぱり効果はでません

ジョギングすることがしんどい人は、ウォーキングとジョギングを織り交ぜて取り組むのが効果的。

ジョギングして疲れてきたらウォーキングに切り替える方式に変えるだけで、これまでのウォーキングだけに比べてはるかに効果が出ます。

ジョギングだけしていると、知らない間に走るペースが落ちる人もいますが、切り替え方式ならその都度意識して切り替えるので、ペースも一定して変化させることができます。

いずれにしても、総合的な運動量に比例するので、ウォーキングだけでダイエットの効果を実感出来ていない人は、ジョギングも取り入れるようにしましょう。

 

痩せたいなら食事管理にも注意

食事に気を遣う女性

ダイエットって結局は総合的な結果です。

太る要素と痩せる要素を天秤にかけて、どっちに傾くかということです。

もちろんウォーキングは痩せる要素の一つ。

 

ただし、その重りの重さはかなり軽いものと思って下さい。

つまりそれだけだと、太る要素に勝てません。

よくいるパターンの人は、ウォーキングで長時間歩いたから、その分お腹が空いたと言ってたくさん食べたり、飲んだりする人。

これはわかりやすく痩せません。

 

極端に食事制限をしろということではないです。

それは健康を悪くするので、長い目で見れば逆効果です。

運動は消費する方向。

食事は吸収する方向。

どちらにもアプローチが必要ということです。

 

健康維持としてはウォーキングは最適

健康的な女性

先ほどもう少し触れましたが、健康維持としてのウォーキングは全然アリです。

歩くことで、精神的な面ではかなり効果的に働きます。

何か考え事を抱えていたり、ストレス発散できていない人は、ウォーキングの習慣を取り入れれば、リフレッシュに最適です。

ウォーキングするときに気をつけるのが、歩く姿勢。

ウォーキングにも正しいフォームがあるんです。

正しい歩き方というのは、美しい歩き方とも言えます。

これをマスターできれば、ふだんの歩くときもかっこよく美しく歩くことができます。

 

正しいウォーキングについて参考になる動画をご紹介しておきます。

ウォーキングの目線と呼吸法

ウォーキングの注意点として、目線と呼吸法が挙げられます。

かなり多いのが、目線が下になってしまう人。

道をしっかり確認したいのかもしれませんが、姿勢がかなり悪くなってしまうんです。

カラダが曲がって猫背のような状態のまま歩くと、正しいフォームで歩いているとは言えません。

逆に上を向きすぎる人も同じ。

理想の形は、まっすぐと前を見ること。

背中がきっちり伸びているか意識しながらあるくことが大切です。

 

そして、呼吸法です。

ウォーキングというのは有酸素運動ですから、腹式呼吸が重要です。

そのためには、横隔膜をしっかりと動かすように意識しつつ、息を長く吐くことが大切です。

無理のない程度にウォーキングする際に取り入れてみてください。

 

ウォーキングと組み合わせるアイテム

ウォーキングだけで効果を実感できない人におすすめなのが、組み合わせるアイテムです。

運動する時の効果を高めると、よりその効果を伸ばすことができます。

ウォーキングは有酸素運動なわけですから 、 代謝機能を高めることが有効 です。

そのためにウォーキングの前に、代謝機能を高める ような健康食品を取り入れておけば、ウォーキング自体の効果をサポートしてくれるわけです。

 

特に健康面としてもおすすめなのが、青汁です。

青汁による代謝機能の高まりを組み合わせれば、青汁の健康成分だけでなく、カラダのなかの不要な要素を出してくれたり、ダイエットにも効果的です。

 

ウォーキングとの組み合わせも最適!?フルーツ青汁でダイエット効果を高める!

 

ウォーキングは痩せない!?のまとめ!

砂漠を歩く女性

ダイエット面では、ウォーキングだけだとどうしても効果が薄くなります。

ただし、ジョギングと織り交ぜたり、ウォーキングの質自体を高めるものを組み合わせれば、ウォーキングでも効果を出すことはできます。

 

健康的な取り組みとしては最適なので、よりたくさんの運動に取り組むきっかけのベースとして、ウォーキングは取り組みつつ、さらに次の段階へと進めてダイエットを成功させましょう!

関連コンテンツ



人気おすすめ記事

1

休日の上手い過ごし方がわからない・・・。そんな人のために休日の過ごし方の悩みタイプによっておすすめの方法を伝授します!

2

大人気でいきおいの止まらないすっきりフルーツ青汁! はたしてダイエットに有効なのか!?美容面でどれだけ優れているのか!?   そんなすっきりフルーツ青汁のどこがすごいのかについて詳しくまとめ ...

3

目つきの意外な改善方法が・・・!?目つきの悪さはデメリットばかり。早く治さないと損しつづけることに・・・。顔の印象を整える表情筋ストレッチもあわせてどうぞ!

4

バストアップを諦めてしまってませんか? これまで中途半端にバストアップに取り組んできた人は、効果を出し切れていない可能性は高いです。   バストは1カップでも大きくなれば、見た目にはぜんぜん ...

-ダイエット

Copyright© おすすめトレンド美容健康サイト , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.