美容や健康に関するおすすめのトレンド情報をご紹介していきます

おすすめトレンド美容健康サイト

健康

目の疲れと肩こりの関係性とは?眼精疲労が原因で起こる体調不良まとめ!

更新日:

目が疲れている時って、必ず肩こりも気になっている・・・。

そんな人は、目の疲れと肩こりの関係性が気になるところですね。

 

実はこれものすごく関連しているんです。

神経系と血の流れからして、特に肩から首周りは、頭全体としてみてもかなり重要な部位。

そして目は眼球だけでなく、その内部から身体全体にも関係しています。

今の時代、特に目を使うことが多いです。

もしかして深夜のスマホとかやっていないですよね?

これ軽く考えがちなんですが、結構ヤバいです。

 

目の疲れの恐さって、毎日続けていることなんですよね。

いま感じている不調は、目を酷使していることが原因かもしれません。

今回は目の疲れと肩こりが身体にもたらす影響について、詳しく見ていきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

目が疲れていると感じたときは既に遅い

目を使いすぎている男性

 

最近目の疲れがきついなぁ・・・。

こう感じている時点では、おそらく既に遅い。

もう体に不調を感じているんじゃないでしょうか。

 

なにげないだるさだったり、身体のしんどさ、自分でも驚くようなイライラ。

これはたまりにたまった目の疲れが原因かもしれません。

人間というのはかなり視覚に頼っています。

その比重が重すぎるんです。

 

何も見ていないようで、神経を尖らせている。

これは人間として無意識に行われています。

それが毎日毎日蓄積されて、ようやく目の疲れとして感じるレベルにまで到達する。

そのときには、身体の内部では明らかに影響を受けているでしょう。

 

目の疲れと肩こりの関係性

目をずっと使い続けると、緊張状態が続くことになります。

仕事でパソコンをずっと触っているような人はわかってもらいやすいでしょうか。

まったく動かない人も多いですよね。

 

こわばった状態が長く続く肩の筋肉からすれば、肩こりになって当然です。

スタンダードデスクが健康に良いと言われるのは、少しでも体を動かすから。

座り仕事というのはそれだけで不健康になりがちです。

そして、目への影響。

目は頭の一部です。

頭としては、どうしても血やリンパの流れの構造から、肩や首を通って運ばれるわけです。

この中間部分が滞っていると、目まで行き渡らない。

これじゃあ目としてもかなり厳しいですよね。

 

単純に考えても、頭に栄養を送る大切な接続部が、渋滞するかのような流れの悪さになっている。

肩こりが原因で、目の疲れにつながっているとも言えるんです。

 

もちろん目をできるだけ休めることも大切ですが、それと同時に肩こりをほぐしてやわらかくすることも大事なんですね。

 

眼精疲労の恐さ

恐さを説く医師

 

目を酷使することで、目自体にもさまざまな症状が出てきます。

思い当たるような症状があるかチェックしてみて下さい。

  • 目がかすむ
  • 目の奥が痛い
  • 充血している
  • 目が乾きやすい、ドライアイ
  • 涙がよく出る
  • 目が重たい、開けているのがしんどい
  • 焦点が合わない、ぼやけている

ふだんの生活においても、目が担当する役割はかなりウェイトが大きいです。

そこに今はスマホまで加わりました。

 

寝る直前まで酷使させられて、朝起きてからもガンガン働かせられる。

しかも目にとって休日なんてないですよね。

少しでも休ませてあげる時間を取ることの大切さに気づいてあげましょう。

 

 

疲れ目の身体への影響

疲れ目は目だけじゃありません。

体の様々なことにも影響してきます。

 

目の疲れが激しいものになると、頭痛や吐き気、めまいといった脳に関係するような身体の不調に影響が出ます。

視力自体も低下して、集中力が散漫になりやすい。

 

自律神経失調症に挙げられるような、精神状態の不安定さ、イライラや不安状態が長くつづき、ブルーライトを見すぎたことで、不眠の影響も出ます。

神経的な影響がやがて肉体面にも影響を及ぼして、手足のしびれだったり、胃痛なども引き起こす例もあります。

目だからといって甘くみる人も多いですが、その比重の大きさからすれば、当然とも言えるんですよね。

 

 

疲れ目と肩こりの解消方法

解消方法を提案する医師

 

ではどうやって疲れ目や肩こりを解消すれば良いのか?

 

まず目に関しては、十分に休ませることです。

1日のなかで、仕事中が無理であれば、自宅に帰ってから必ず休ませる時間を取ること。

帰りの電車の中で目をつぶっているだけでも全然違ってきます。

もちろん仕事中でも定期的に休ませる方が、結果的に目を休ませ体を動かし集中力の高まるのでオススメです。

 

蒸しタオルによるマッサージ

もう少し積極的に回復させるのであれば、蒸しタオルなどであっためつつマッサージを行うと良いでしょう。

温めることで目の周りの血行の流れも良くなります。

蒸しタオルは首や肩にも有効です。

あっためたタオルを目の上において、その上から目頭、眉毛、目尻へと流れるように押さえていきます。

円を描くように、力を入れすぎずコリをほぐすイメージで行いましょう。

 

ツボを押さえるマッサージ

目の周りには、数多くのツボが存在します。

このツボをしっかりと押さえていくことで、より効果的な眼精疲労や血行促進の効果につながります。

睛明(せいめい)

目頭の間と鼻のちょうど真上あたりに位置する睛明(せいめい)。

ここを押さえることで、目の疲れやコリをほぐして巡りがよくなります。

 

陽白(ようはく)

陽白(ようはく)は眉毛の上部に位置するツボ。

瞳のちょうど真上の位置で、眉毛から2cmほど上の部分になります。

ここは眼精疲労もそうですが、頭痛や神経痛といった痛みにも効果的です。

 

風池(ふうち)

風池(ふうち)は、後頭部の首のへこみ部分。

自律神経失調症の緩和に効果があるこのツボは、後頭部の首の付け根の髪の毛の生え際にあります。

目の疲労回復と肩こりにも良いとされていますが、脳自体の活性化にも影響があるツボです。

 

こういったツボのマッサージを積極的に取り入れることで、普段なにもしていなかった時に比べて、目の負担を減らすことができるでしょう。

 

目の疲れと肩こりの関係性まとめ!

目の疲れと肩こりは明確に関係があります。

特に今の時代だと、目の疲れから来る肩こりが多いでしょう。

 

パソコンやスマホをよく見る世代の方は、目の疲れに注意してなるべく休ませる機会を作るようにしましょう。

また運動不足や身体を動かしていない時間が多いなら、そこも改善することで肩こり解消にもつながります。

 

身体のなかでも大事な目。

この目を使いすぎて身体が不調になることも十分考えられます。

普段感じている調子の悪さは、目を酷使していることが関係しているかもしれません。

 

無理しすぎず、適度に回復に務めることも、体調管理の大切な取り組みではないでしょうか。

目の疲れを感じている人の参考になれば幸いです。

 

関連コンテンツ



人気おすすめ記事

1

休日の上手い過ごし方がわからない・・・。そんな人のために休日の過ごし方の悩みタイプによっておすすめの方法を伝授します!

2

大人気でいきおいの止まらないすっきりフルーツ青汁! はたしてダイエットに有効なのか!?美容面でどれだけ優れているのか!?   そんなすっきりフルーツ青汁のどこがすごいのかについて詳しくまとめ ...

3

目つきの意外な改善方法が・・・!?目つきの悪さはデメリットばかり。早く治さないと損しつづけることに・・・。顔の印象を整える表情筋ストレッチもあわせてどうぞ!

4

バストアップを諦めてしまってませんか? これまで中途半端にバストアップに取り組んできた人は、効果を出し切れていない可能性は高いです。   バストは1カップでも大きくなれば、見た目にはぜんぜん ...

-健康

Copyright© おすすめトレンド美容健康サイト , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.