美容や健康に関するおすすめのトレンド情報をご紹介していきます

おすすめトレンド美容健康サイト

健康

健康管理の重要性!社会人として気をつけておきたい体調管理の方法とは?

投稿日:

 

健康はだれにとっても当然大事なことです。

ただし社会人に限っては、信用度も関係してきます。

 

日本という国では、特にその傾向が強いです。

いくら仕事ができても、体調管理ができずに仕事に穴をあければ、評価はガタ落ち。

仕方がない事情であったとしても、内面ではマイナスに思われるでしょう。

軽い風邪くらいなら、まだマシですが、それも重なればまずいことに・・・。

働く上で、カラダは資本なわけです。

 

今回は、そんな体調管理の重要性と、何に気をつけるべきかまとめてみました。

それでは見ていきましょう。

 

 

自分の疲れや不調をコントロールできない人たち

基本的に体調に気を使っているようで、人によって全然内容が違います。

 

例えば、ある人にとっては、5時間寝れば十分寝たという人もいます。

このタイプの人は、そもそもあまり寝なくても問題ないタイプの人なのでしょう。

ただし、それもいつ崩れてしまうかわかりません。

 

以前仕事をしていた同僚が、30台前半の頃に突然倒れたことがありました

その人は、3時間~4時間30分睡眠を続けていたタイプ。

仕事によってできない自分の好きなことを、自宅に帰ってから寝る間をおしんでやっていたそうな。

その結果、倒れたあとに心臓の問題で、通常の勤務時間8時間を勤務することができない身体に・・・。

 

このタイプは、これまで生きてきた人生から判断して、自分のカラダは丈夫と勘違いしてしまった人。

よくテレビで30分睡眠でも大丈夫な人の特集とかやっていますよね。

自分もそのタイプと思ってしまったんでしょう。

見えない疲労や、カラダの不調を感じ取れなかったタイプの人です。

 

それに比べて、8時間寝ても寝足りないという人もいます。

このタイプであれば、常に不調を感じているケース。

いつも元気がでない、気持ちも沈んだ状態。

もう慣れてしまって、キャラでさえおとなしいキャラになってしまった。

そんな人は、体調不良を自覚しているけど、なんとかやりくりしているタイプ。

仕事を休んでも、「ああ、あのカラダの弱そうな人ね・・・」と思われるような人。

わかっていても、うまく回復できないのも、体調管理としてダメなケースです。

 

まずは自分の体調をしっかり把握すること

日本人は忍耐することを世界的にもほめられています。

そんな社会の中で、がまんしてしまう人が多い。

なかには、自分の体調がどんな状態かよくわからない人までいます。

 

まず一番重要なのは、自分がいまどれくらい調子が悪いのか?

これをしっかり把握することです。

試験問題を解くのと同じように、問題の意味がわかれば、あとは解答を知っているかどうかだけです。

不調の原因を突き止めることが、まず第一。

 

特に、自分でなんとなくこれが悪いと気づいていることがあるパターンの人。

余裕ぶってないで、本気で辞めておかないといつ取り返しのつかない状態になるかわからないです。

 

体調管理の方法を見直す

まず簡単な基本的な体調管理の方法。

これは、睡眠、食事、運動です。

 

富裕層の人ほど、ジムでトレーニングしていますよね?

なぜかといえば、長く生きるため、健康なカラダ作りをするためです。

男性であれば、筋肉質なカラダだったり、女性の場合は、細くスマートな体型を維持する面もあるとは思いますが、本質は健康です。

 

もちろん不調の中には、原因がはっきりしないものもあります。

思い当たる節がないのに、ずっとイライラしていたり、胃がムカムカしていたり、便秘気味で、歩くのもしんどい、話す気力もわかない、だるい、しっかり寝ているのに眠い、頭が痛い、めまいがする、節々が痛い、目がかすむ、呼吸が乱れるなどなど。

 

睡眠や栄養補給、運動をしても改善されるかはわかりません。

ただし、病気でない限りは、生活習慣病と言われるように、ふだんの生活が原因である可能性が高いのも事実です。

むしろ、この基本となるところが完璧であれば、病院に行くべきです。

それはもう病気といっていいでしょう。

しっかりと医師に診断してもらって、治すべき症状です。

 

いざ体調を崩したときに、周りから白い目で見られても、自信をもって自分は悪くないと思うことができるはずです。

だからこそ、基本は必ず守るべきなんです。

 

睡眠時間を見直す

仕事で忙しいなら、なかなか睡眠時間を取れない人も多いでしょう。

睡眠のリズムは一定の方が良いとされています。

ただし、もし自分で睡眠時間が不足していると感じたなら、お昼休みの短時間の間だけでも仮眠することをおすすめします。

 

これは私の経験からも言えることですが、たとえ10分であっても回復量が全然違います。

実際に眠れなくても、目をつぶって伏せているだけでも違ってきます。

そしてできることなら、まとまった時間眠ることです。

 

最近の若い世代の人は、特に仕事から帰ってきて、夜中までインターネットをスマホでベッドの中でも見つづけている傾向が強い。

寝る直前まで意識が覚醒するので、あきらかに寝付きが悪いですよね。

睡眠は、眠りについた後も、カーブを描くように深度が変化するわけですが、睡眠が浅いとしっかりと疲れが取れないです。

 

自分の時間がほしいなら、早めに寝て朝に活動する方が良いです。

起きたタイミングが一番体力が残っているので、やりたいことをやるにも効率も良いです。

 

夜やるよりも朝の方が良い!大企業の社長もやっている朝活がおすすめな理由とは?

 

食事内容を見直す

特に女性の場合は、無理なダイエットでほとんどの人は栄養不足になっています。

ただでさえ不足しているのに、さらに減らしているので先進国も恐いですよね。

わかってやっているならまだしも、カラダを壊した時にその原因に気づけていない人もいます。

 

あたりまえですが、人間は食べ物からしか栄養を取れません。

食べ物がない戦争中ならまだしも、しっかり食べれる今の時代にお金がないわけじゃないのに栄養不足って、さすがに頭が悪すぎますよね。

ネットで調べたって、結局バランスよく食べるしかないです。

偏った食事をしているなら、今から見直さないと40代、50代で目も当てられないカラダに成り果てます。

 

運動を見直す

一番多いのは運動不足かもしれませんね。

ほとんどの人は通勤だけが運動でしょう。

たしかにカラダは動かしているんですが、全身をしっかり動かせているかというと、そうではないはずです。

しかも勤務中は、座り仕事の人がほとんど。

 

なんとなくだるかったり、しんどさが取れないタイプは、ここが原因の可能性も高いです。

ストレス発散にも近いですが、交感神経や副交感神経などの神経系の乱れに関係しているかもしれません。

 

よくカラダを動かすと気持ちが良いってベタなことを言いがちですが、カラダは正直。

子供が元気なのって、しっかりとカラダを動かしているからなんですよね。

疲れるけどだるくない。

ここは大人は見習うべきじゃないでしょうか。

 

外でカラダを動かすことができないなら、自宅でできるストレッチだってあります。

自宅でできる簡単トレーニング!ダイエットにも最適な有酸素運動まとめ!

 

健康管理の重要性まとめ

今からやらないと年を取ってから必ず後悔します。

今の高齢者がそれを証明しているんです。

 

ふだんの生活においても、元気に過ごせるかで仕事内容も全然違ってくるでしょう。

本来なら自分はもっとチカラを出せるところを、なぜか自分で不利な状況に持っていっている・・・。

これそろそろやめませんか?

さまざまな人がこれまで体験してきた結果、そういったことがもう既にわかっているのに、あえて同じ轍を踏みますか?

できることが目の前にあるのなら、やらない理由はありません。

 

これまで長く続けてきた習慣は、ちょっとやそこらじゃ直りません。

でもやるんです。

改善できれば、今の自分より健康で元気なカラダを手に入れることができるでしょう。

 

関連コンテンツ



人気おすすめ記事

1

休日の上手い過ごし方がわからない・・・。そんな人のために休日の過ごし方の悩みタイプによっておすすめの方法を伝授します!

2

大人気でいきおいの止まらないすっきりフルーツ青汁! はたしてダイエットに有効なのか!?美容面でどれだけ優れているのか!?   そんなすっきりフルーツ青汁のどこがすごいのかについて詳しくまとめ ...

3

目つきの意外な改善方法が・・・!?目つきの悪さはデメリットばかり。早く治さないと損しつづけることに・・・。顔の印象を整える表情筋ストレッチもあわせてどうぞ!

4

バストアップを諦めてしまってませんか? これまで中途半端にバストアップに取り組んできた人は、効果を出し切れていない可能性は高いです。 バストは1カップでも大きくなれば、見た目にはぜんぜん違ってきます。 ...

-健康

Copyright© おすすめトレンド美容健康サイト , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.