美容や健康に関するおすすめのトレンド情報をご紹介していきます

おすすめトレンド美容健康サイト

健康

やる気が出ないときに一瞬でやる気を出すための方法!仕事や勉強のやる気が出ない原因とは?

更新日:

やらなきゃいけないことはわかっているんだけど、どうしてもやる気がでない・・・。

ついついテレビやネットで時間をつぶしてしまったり、気づけばどうでもいいことをしている・・・。

 

やる気が出ない人は大きな勘違いをしています

それは、自分でやる気を出せると思っていること。やる気って自分で出せないんです。

本当にやる気を出したいならアプローチの仕方が間違っているんです。

 

絶対にやる気を出すためにやるべき事とはどんなことなのか?詳しく見ていきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

やる気が出ない原因とは?

やる気が出ない学生

今まで生きてきて、自分でも驚くほどのやる気が出た状態になったことはあるはずです。どうしてあんなにやる気が出たのか、自分で思い返すことは少ないでしょう。

でも誰もが自分でやる気を出したと思っているんです。

いいですか?やる気というのは自分で出せるもんじゃないんです。

やる気は自分によって作り出されたものじゃない。何かに心が反応している状態のことをやる気になっているというんです。

もしやる気を出したいのであれば、まずはこの勘違いを無くしましょう

 

やる気が出ない時に5秒で動き出す方法

やる気がないときは、やる気がないことを意識する前に動き出すことが重要。

やる気がないとしても行動を起こすことでやる気を出していくんです。

そのために5秒という時間を区切って、自分の中でルールを作る方法があります。

それが5秒ルールの法則。そのことをやるべきなのか考える暇さえ与えないという方法です。

 

どれだけ優れた人間でもやる気が出ないときはあります。

プロの世界で活躍している人でも、仕事しなければいけないのに気が乗らないときがあるんです。

それでも物事を達成している人たちは、自分をコントロールする術を身に着けている。

それが行動力の差になっているんですね。

 

全ての行動は何かに触発されて行われている

やる気を出したいと考えている男性

これまで経験したやる気は、全て自分以外のものによって引き起こされたものなんです。

きっかけは自分以外にあるということです。

始まりは自分じゃない。あなたが自発的にやる気を出したと思っていることも全て反応しているに過ぎないんです。

 

最終的には自分が行動することになるので、自分がやる気を出している状態にはなります。

ここが勘違いしやすい原因。

もし自分をコントロールしてやる気が出た状態にしたいのであれば、根本的に反応したトリガーとなるきっかけを知る必要があるということです。

 

やる気が出た原因を探る

あなたがもし勉強する必要があるとして、ものすごく勉強したいやる気が全開な状態になったとします。

この2つだけを見ると、やる気が出る原因がわからないですよね。

もしかすると勉強していい成績を残さないと、怒られるからやる気になっているのかもしれない。

これは焦りや恐怖によるやる気のきっかけ。

良い高校や大学に入りたいから勉強しなければならないのだとすれば、その学校に入ることで得られるものが欲しいから。

これは達成報酬がやる気を引き起こしている。

 

わかりやすい例を出しましたが、確かに理にかなっています。

つまり、~しなければならないという理由だけでは、やる気は出ないんです。

それは原動力にはならない。薄いんです。

 

自分の中の甘さが出てしまう

やる気が出ない状態が続くと、頭のどこかで、できなくても仕方がないという甘さが出てしまう。

「自分は少しでも頑張ったんだ・・・、悪くないはず・・・。」精神的に弱い人は意識しなくてもそういう思考が奥深くに潜んでいる。

もっと別の自分がやる気になるためのものを発見しなければならないんです。

 

生気に満ちたバイタリティのある人は、自分を動かす術を知っている。

そこを常に意識して、自分を動かし続けることが上手い人は、行動力が桁違いにずば抜けている。

やる気を出すために必要なことが見えてきたでしょうか?

 

やる気を出すための方法

一生懸命取り組む男性

そうは言っても何がきっかけでやる気が出るのかわからない、考える気さえ起きないという怠けた人のために、何も考えなくてもやる気が出るかもしれない方法をご紹介しておきます。

あくまで、”かもしれない”なので、やる気がでなくても責任は持てません。

そもそもやる気というのは維持するのも難しいので、深く考えすぎない方が良いかもしれないですね。

 

やる気が出るところまで到達する

やる気が出ている状態というのは、楽しい状態。テンションが上がっている状態です。

さすがに一気にここまで行くのは難しい。会話のようにいきなり面白い引き出しを開けることはできないんです。

 

流れがあって、徐々に最高点に達するイメージ。

よく、やる気を出すにはまず取りかかれと言われますが、行動した後にやる気が出ると言われるのも納得がいく話。楽しくなる段階まで行かないと、触発されない人もいるでしょう。

やる気を出すのが苦手な人であれば、いきなりギアをMAXに上げることができません。そんな人は、少しずつやる気を出す方が効率的でしょう。

 

やる気になっていた時のことを思い出す

過去を踏襲するのも1つの方法。人間は思っているよりも単純なものです。同じ思考回路でたどれば、同じようにやる気が出る可能性は十分あります。

なぜ自分はやる気になっていたのか?

それを思い出すことができれば、同じようにやる気を出すことができるかもしれません。

 

影響されやすい場所に身を置く

勉強する必要があるなら、邪魔されるものがない場所に行くように、環境から用意する方法も有効な手段の1つです。

環境の影響はなかなかに強いもの

静かな場所でも騒ぐような馬鹿な人でなければ、十分に役に立つ方法です。

 

ただし人間はすぐに影響されやすいので、遊んでいる人のいる場所に行くと、同じように遊びたくなります。これは、パソコンで仕事をしている人ならわかりますよね。

すぐにネットサーフィンする人は、ネットのない環境に行くと仕事がはかどるように、どんな小さなことでも時間をつぶす原因になります。

興味が他のことに意識が移れば、やる気を維持するのも難しいでしょう。

 

身体的な問題でやる気が出ない可能性

机に伏せている女性

もしそれでもやる気が出ないのであれば、少し問題があるかもしれません。やる気が出ていた時とやる気が出ない時で、何が違うのかしっかりと考える必要があります。

というのも、体の健康的に問題があるかもしれないからです。

問題を解決してからじゃないと、やる気を出そうにも出せるわけがないということです。

 

肉体的な問題が原因

肉体的な問題が原因でやる気が出せない場合。

体が疲れていれば、同じようには動けないように、過去にやる気が出ていた状態とカラダの状態が違えば、やる気を出したくても出せないかもしれません。

睡眠不足なら、同じパフォーマンスは出せないでしょう。

フルマラソンを完走した直後に、スタート時と同じモチベーションが持てるわけはないです。

 

健康なカラダの状態は、何においても重要なもの

あまりにもやる気が出ないのであれば、衰弱しているのかもしれません。

食事や体力的なことを見直すことで、やる気が出せるのであればそうすべきでしょう。

 

精神的な問題が原因

精神的な問題を抱えているのであれば、頭のどこかで常にそのことを考えてしまっていませんか?

集中したくても別のことが気になっていては、二つのことを同時に考えているということ

 

マルチタスクが苦手と言われているように、人間の脳の構造上、やる気を阻害するには十分な理由です。

何かの原因でストレスでイライラしている状態や、別のことが気になって集中できていないのであれば、そのことを解決する方が、結果的に効率の良い行動になるんじゃないでしょうか。

 

うつ病の可能性

肉体的にも精神的にも特に問題となるものは見当たらないのに、それでもやる気が出ないとなると、うつ病の可能性が高いでしょう。

長期間にわたっているなら今すぐにでも医師による診断を受けられることをおすすめします。

自分は頑張りたいと考えているのに、体に異変が起きていて行動できなくなっている状態は危険です。

カウンセリングであれば無料で診断してもらえるところもあるので、近くの精神科の病院に行って話だけでも聞いてもらいましょう。

やる気が出ない状態を改善するきっかけになるかもしれません。

 

やる気が出ない時もある

やる気が出ない状態になると、自分がダメな人間だと感じてしまう人は多いでしょう。

しかしそうやって自分を責める必要はないんです。

やる気なんて天気のようなものと考えておく方が、精神状態を保ちやすいですよ。

やる気が出ない時もあるときっぱり諦めるのも大事。

無理やり頑張ろうとして、仕事や勉強がはかどらないのであれば、一回休んでからもう一度取り組む方が効率が良い場合もあります。

最終的には結果を出すことができればどんなタイミングでそれを行っても良いはず。

それならば今日はやる気が出ないと休むのも、次にやる気を出すための準備として考えればいいんです。

 

絶対にやる気を出すためにやるべきことのまとめ!

やる気に関する内容について見てきましたが、いかがだったでしょうか?

 

やる気というのは、自分で出しているようで周りに深く影響されています。

コントロールしたいのであれば、そのことを意識してアプローチしないと、空振りしていつまで経ってもやる気は出ません。

一気にやる気を出そうとするから上手く行かないことも考えられます。

人によって何がやる気になるかは違うので、一概には言えませんが、自分で分析することで、やる気を出すための方法が見えるでしょう。

 

関連コンテンツ



人気おすすめ記事

1

休日の上手い過ごし方がわからない・・・。そんな人のために休日の過ごし方の悩みタイプによっておすすめの方法を伝授します!

2

大人気でいきおいの止まらないすっきりフルーツ青汁! はたしてダイエットに有効なのか!?美容面でどれだけ優れているのか!?   そんなすっきりフルーツ青汁のどこがすごいのかについて詳しくまとめ ...

3

目つきの意外な改善方法が・・・!?目つきの悪さはデメリットばかり。早く治さないと損しつづけることに・・・。顔の印象を整える表情筋ストレッチもあわせてどうぞ!

4

バストアップを諦めてしまってませんか? これまで中途半端にバストアップに取り組んできた人は、効果を出し切れていない可能性は高いです。   バストは1カップでも大きくなれば、見た目にはぜんぜん ...

-健康

Copyright© おすすめトレンド美容健康サイト , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.