美容や健康に関するおすすめのトレンド情報をご紹介していきます

おすすめトレンド美容健康サイト

乳酸菌

腸内環境の悪化が薄毛の原因?腸内環境を良くして元気な髪を取り戻す方法とは?

更新日:

 

最近、特に薄毛な人が多くなっているようです。

 

昔は男性が髪が薄いイメージでしたよね?

今では女性も意外と薄毛の人が多いんです・・・。

 

男性も髪の毛がなくなることは、つらいことだとは思います。

しかし女性にとっては致命的。

女性でハゲでは目も当てられません。

 

なぜこんなことが増えているのか?

ハゲまでいかなくても、薄毛が進行しているのはどうして?

意外なところで腸内環境が関係している可能性があります。

 

腸内環境?と思われるかもしれませんが、腸内環境は体のいたるところに影響を及ぼすんです。

今回は、腸内環境と髪の毛の関係性、そして元気な髪の毛を取り戻すにはどうすれば良いか?

 

この辺りについてみていきたいと思います。

 

 

腸内環境が原因?

 

腸内環境が原因とはどういうことでしょうか?

 

人間は、基本的には食べたものからしか栄養素を取り入れることができませんよね。

その食べたものをどこで吸収するのか?

 

腸内で吸収されるんです。

腸内から身体全体に行き渡るんですね。

つまりスタート地点が腸内というわけです。

 

このスタート地点の環境が悪化していれば、体に行きわたる全てに影響が出ると言っても言い過ぎではありません。

 

腸内環境の悪化は、肌のトラブルや、神経系、いわゆるストレスの原因となる、交感神経や副交感神経のバランスや、便秘はもちろん、髪の毛にも影響が出るというわけでなんです。

 

髪の毛の場合、カラダとしては、生きていく上での重要度は、低いということになります。

自分の栄養素を行き渡らせることができないと判断すれば、後回しにされるということです。

 

髪の毛、今回の場合は、頭の毛になりますが、頭の部分は一番腸内からは遠い場所になります。

薄毛の原因も1つではありませんが、目にすることができない腸内環境の悪化が、薄毛の原因となっている可能性は十分に考えられるということです。

 

逆に、他の薄毛の原因に当てはまらないという場合は、腸内環境を改善すると、頭の薄毛も改善されるかもしれないということです。

 

薄毛の原因とは?

 

簡単に一般的な薄毛の原因について触れておきましょう。

 

薄毛にもタイプがあります。

大きく分けて男性の薄毛によくある原因と女性によくある原因があります。

 

男性に多いのが男性型脱毛症(AGA)と呼ばれる薄毛のタイプ。

このタイプの原因としては、男性ホルモンが過剰に分泌されすぎている、また生活習慣が乱れていることが原因として挙げられます。

症状としては、M字ハゲや、頭頂部が薄くなるタイプになります。

 

女性の場合は、びまん性脱毛症と呼ばれるタイプになります。

びまん性脱毛症の原因としては、女性ホルモンの乱れ。

女性は基本的に髪の毛が薄くなりにくいのは、女性ホルモンの多さにあります。

 

年齢を重ねると女性ホルモンの分泌が薄くなってはいきますが、それでも男性に比べれば髪の毛が全くなくなるということは、あまり見られませんよね。

 

しかし、女性の場合でも、生活習慣の乱れや、ストレス、女性特有の問題として妊娠や出産、ピルを併用した場合などに、女性ホルモンのバランスが崩れると、発生してしまう可能性があります。

特に現代の女性の場合、極端な自己流による食事制限のダイエットなどによっても、栄養不足やホルモンバランスが崩れることで、薄毛で悩む女性がかなり増えているということです。

 

基本的な薄毛の原因として考えられるのは、やはり食生活、ストレス、睡眠不足などといった日常的に人間の生命活動を支えるものが、不足しているケース。

それ以外では、間違ったシャンプーなどのヘアケアだったり、冷え性気味で血行が悪くなっていて髪の毛まで栄養が行き渡っていないなども考えられます。

 

こういったケースは、改善してあげればすぐに元に戻るでしょう。

 

遺伝で薄毛になってしまっているとすれば、ある意味どうしようもありません。

専用の薄毛クリニックに通って診断してもらうしかないかもしれません。

それでも完治する可能性がどこまであるかわかりませんが・・・。

 

飲酒や喫煙を一般的なレベルよりも多くしてしまっている人も、注意が必要でしょう。

結局は髪の毛に栄養を行き渡らせることしかできないのです。

 

腸内環境を良くする方法とは?

それぞれ見てきた中で、自分の原因に当てはまっていそうなことで、改善できそうであれば、取り組んでみましょう。

 

今回の記事のテーマである腸内環境については、どう対処すればよいのか?

腸内環境を良くする方法は至って簡単です。

善玉菌を増やす。

これだけです。

 

腸内環境は、善玉菌が多いか悪玉菌が多いかのどちらか。

全体のバランスは常に一定というわけです。

どちらかが増えればどちらかが減る。

わかりやすいですね。

 

善玉菌を増やすということは乳酸菌を多く取り入れるということです。

身近な乳酸菌は、ヨーグルトやヤクルトなどの乳製品ですよね。

 

最近のヨーグルトには、乳酸菌の種類表示された商品がたくさん出ています。

いろんな種類のものを順番に定期的に食べるようにしてもいいんですが、ヨーグルトなどで乳酸菌をカバーしようと思った時に問題なので、余計な糖分をとってしまうということなんです。

 

ヨーグルトやヤクルトといった製品は、どうしても味を美味しくしないと売れないんですね。

デザートやジュースとしての側面があるため、ある意味仕方がないところでしょう。

 

日常的に定期的に食べるようにしていれば、まだ腸内環境はマシな状態かもしれませんが、すでに悪化してしまった腸内環境を、善玉菌優勢の状態に持ってくるとなると、かなりの量を摂取する必要があります。

 

おすすめの乳酸菌サプリメント

 

私がお勧めするのはサプリメントでの腸内環境の改善です。

 

サプリメントの場合、余計な糖分などを含まずに、たくさんの種類の乳酸菌を定期的に大量に取り入れることができます。

 

便秘には乳酸菌が有効と言われていますが、ヨーグルトよりもこういったサプリメントの方が的確にアプローチすることができますよね。

 

便秘の悩みで言うと、便を体内に長期間置いた状態にすると、便の中でも腐敗が進んで、どんどん毒素を出し続けます。

出た毒素は、外に排出されることが出来ずに、腸管を通って全身に行き渡ります。

 

便秘の悩みも改善されるとなると、2つの悩みを同時に解決できて良いですね。

2つどころか、腸内環境は体の環境のすべてに関わっているので、なんとなくだるい状態が続いていたり、元気がないといったことも解決できるかもしれません。

 

本当に悩まれている方は、一度サプリメントお試してみてはいかがでしょうか?

 

ウィルキラーDiet

私がおすすめするのがウィルキラーDiet。

 

このサプリメントは、一袋に5兆個もの乳酸菌が含まれていて、これはヨーグルト500個分にも相当します。

スプーン一杯で、ヨーグルト約12個分の乳酸菌を摂ることができる優れもの。

ダイエットに有効な痩せ菌も豊富に含まれているので、腸内環境だけでなく、ダイエットもサポートしてくれます。

 

気になった方は、詳しい内容を公式サイトで見てみてくださいね。

 

痩せ菌サポート!1袋に乳酸菌が「5兆個」なんとヨーグルト約500個分!


 

薄毛と腸内環境の関係まとめ

薄毛の原因も様々ですが、もしかすると腸内環境が原因かもしれません。

その可能性は十分に考えられるということです。

 

腸内環境はカラダの不調となる原因となっている可能性が高いため、そのほかのカラダの悩みや不調を改善できるかもしれないということです。

 

腸内環境を改善して、薄毛はもちろん、カラダ全体の健康を改善していきましょう!

 

関連コンテンツ



人気おすすめ記事

1

休日の上手い過ごし方がわからない・・・。そんな人のために休日の過ごし方の悩みタイプによっておすすめの方法を伝授します!

2

大人気でいきおいの止まらないすっきりフルーツ青汁! はたしてダイエットに有効なのか!?美容面でどれだけ優れているのか!?   そんなすっきりフルーツ青汁のどこがすごいのかについて詳しくまとめ ...

3

目つきの意外な改善方法が・・・!?目つきの悪さはデメリットばかり。早く治さないと損しつづけることに・・・。顔の印象を整える表情筋ストレッチもあわせてどうぞ!

4

バストアップを諦めてしまってませんか? これまで中途半端にバストアップに取り組んできた人は、効果を出し切れていない可能性は高いです。 バストは1カップでも大きくなれば、見た目にはぜんぜん違ってきます。 ...

-乳酸菌

Copyright© おすすめトレンド美容健康サイト , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.