性格・心理

明るい性格の人の特徴と心理とは?周りを明るくする人になるために必要な思考方法

投稿日:

明るい人が周りにいるだけで、その場の雰囲気が明るくなる。

こういう人って貴重でありがたいんです。

嫌な奴だったり、暗い人間ばかり集まると、こっちまで元気がなくなってしまう。

自分も明るい人になりたい。

そう考える人はいても、なかなか実行できるものじゃないですよね。

少しでも明るい人になるために、明るい性格の人の特徴と心理を知って、ヒントをもらいたいところです。

 

今回は明るい性格の人の特徴と心理について、詳しく解説していきます。

 

 

スポンサーリンク

 

明るい性格の人の特徴と心理

主体的な考えをもって行動できる

明るい人って、自分で考えて行動できる人なんです。

どんな状況でも自分に責任を持って考える。

自分を出すって勇気がいりますからね・・・。

だからこそを自発的で主体的な人は、明るくなるんです。

 

何かをやろうとする人は、それだけ元気があって活発的。

そうじゃなきゃやってられないところもあるでしょう。

わざと友達の前でバカなふりをしたり・・・。

自分の中で嫌なことがあっても、友人や知人の前では明るく振る舞うんです・・・。

 

他人や周りを気にしてしまう人は、行動するエネルギーを出しきれない。

どこかで自分で制御してしまうからです。

明るくなるということは発信するということ。

たとえそれが間違っていたとしてもです。

 

楽観主義者

明るい性格の人は、細かいことでくよくよ悩んだりしません

もちろん全てうまくいくわけじゃないです。

でも、うまくいかなくても仕方がないと考えることができるんです。

人生というものをそこまで重く見ていないんですよ。

 

よほどのことがない限り、動じない。

それよりも楽しいことができるだけ多くあるほうがいい。

そんな考え方を持っている人です。

 

悩みを抱えている人って、意外と自分で悩みを引き寄せている部分もあるんです

悩んでいる人を見て、自分としてはどうでもいいと感じたことはありませんか?

人って自分の問題に対しては、大げさに捉えがちなんです。

「喉元過ぎれば熱さ忘れる」という言葉があるように、気にしなければいいんです。

それが明るい性格に近づくための秘訣かもしれません。

 

スポンサーリンク

 

幸せな家庭に生まれた人

両親や兄弟と仲が良く、幸せな家庭に生まれた人。

そんなに家庭に生まれた人は、基本的に明るく生きていけます。

 

悩みや問題を抱えている人って、大体家庭の事情が恵まれていない人なんです。

  • 小さい時に両親が離婚した家庭。
  • 兄弟が仲が悪い家庭。
  • 厳しい教育方針の親の元で育った人。
  • 親の価値観を押し付けられて、自分という存在を認めてもらえなかった人。
  • 放任主義の家庭。
  • 極度に甘やかされて育った人。

育てられた環境というのは、そのまま人生の性格に大きく影響します。

明るい人って、その人が今どれだけ幸せな状態にあるかを表しているとも言えます。

 

努力している人

努力している人は、努力の大変さを実感している人。

努力すれば自信が身につく。

自信があれば、それだけ自分を出せるということ。

それが明るさに繋がるわけです。

このタイプの明るい人は、実力も十分に持ち合わせている人です。

頭が悪くて、バカ騒ぎしている人と違って、周りを引っ張っていくことができるリーダータイプ。

スポーツ選手やアスリートの人たちに多いですよね。

 

他人の悪口を言わない

明るい人って、その場の雰囲気をとても大切にしています。

他人の悪口を言うと、一瞬その場が盛り上がるように感じるかもしれません。

でもそれは、長期的には長く続かないでしょう。

なぜなら、人前で悪口を言う人と思われてしまうからです

 

別の人と集まっている時に、自分のことを悪く言われてしまうかもしれない。

そんな警戒をされてしまうでしょう。

悪口はネガティブなことなので、ポジティブで明るい人は口に出したくないはずです。

明るそうな気分で、他人の悪口を楽しそうに話す人は、明るくても腹黒い人ということです。

一部の人間とだけ仲良くなれたとしても、それ以上の交友関係を広げることはできないでしょう。

 

スポンサーリンク

 

笑顔を大事にしている

明るさと笑顔はとてもよく関係していますね。

笑顔であるから明るくなることもできるでしょう。

心の中が明るくても、顔に出ていないと勘違いされてしまうこともあります。

「何か怒っている?」

「嫌なことあった?」

自分としては別に普通にしているのに、そんな質問をされてしまうかもしれません。

 

意識して顔を動かすようにしたり、普段から笑顔でいることを意識していると、自然な笑顔を作ることができます。

鏡に自分が笑顔でいる表情を見ることで、自分自身が明るくなれることもあるでしょう。

それだけ笑顔は人の心を明るくしてくれるということです。

 

会話を楽しむことができる

人と話すのが好きで、会話そのものを楽しむことができる人。。

話すのが楽しいと、それだけで明るい雰囲気になります。

 

会話が苦手で、初対面の人となかなか話せない。

こういうタイプの人は、明るい印象を持たせることは難しいでしょう。

話す話題を探している間に、無言の空白時間が流れてしまう・・・。

会話をしない、自分から発言できないというのは、それだけ印象が悪くなってしまうんです。

会話が苦手な人は、上手に会話を進めるための練習をしてみることをおすすめします。

 

挨拶を大切にしている

挨拶はとても重要です。

普段あまり話さなくても、挨拶だけきちんとしておくことで、印象はとても良くなります。

礼儀正しい人と思われておくと、何か話す機会があった時に好印象なやりとりができる。

社会人として生活していく上で特に重要なスキルを一つです。

自分は明るい人と思われたいのであれば、まずは挨拶をするところから始めると良いでしょう。

スポンサーリンク

 

周りを明るくする人になるために必要な思考方法

もし明るい性格になりたいと思っているのであれば、まずは自分をしっかり持つことです。

自分を持つということは、自分に責任を持つということ。

 

嫌なことから逃げてばかりいると、逃げ腰な性格になってしまう。

そうするとおとなしい人と思われてしまい、自分自身でもそんな暗示をかけてしまう。

どんなことでも人に譲ってしまって、自分を出せない。

いきなり明るい性格になるのは、それはそれで変です。

 

少しずつ自分の中で自信を積み重ねることが、もっとも近道でしょう。

自分の好きなことや、興味があることを突き詰める。

少しずつチャレンジできることに挑戦していく。

そうやって自分を成長させていくと、周りに対して自信をもつことができる。

気づいた時には周りから明るい性格だと言われているかもしれませんよ。

 

関連コンテンツ



人気おすすめ記事

1

細くて綺麗で、真っ直ぐな足って、誰もがあこがれますよね。 でも自分の太い脚を見て、どうしようもなく途方に暮れる・・・。 気持ちはよくわかります。 でも、細い足にするための取り組み方次第で、まだまだ細い ...

2

今までバストアップに取り組んできた人でも、実は、効果を出し切れていない可能性は高いです。 バストは1カップでも大きくなれば、見た目にはぜんぜん違ってきます。相手から見た時に、1カップでも全然違うんです ...

3

周りの人がみんな笑っている場面で、自分一人だけ笑えない。その時に感じるのは、自分がおかしいのか?ということです。誰だって笑いながら過ごしたいはずです。子供の頃はみんな無邪気に笑っていましたよね。 笑わ ...

4

目つきの意外な改善方法が・・・!?目つきの悪さはデメリットばかり。早く治さないと損しつづけることに・・・。顔の印象を整える表情筋ストレッチもあわせてどうぞ!

5

休日の上手い過ごし方がわからない・・・。そんな人のために休日の過ごし方の悩みタイプによっておすすめの方法を伝授します!

-性格・心理

Copyright© おすすめトレンド美容健康サイト , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.