美容や健康に関するおすすめのトレンド情報をご紹介していきます

おすすめトレンド美容健康サイト

性格・心理

論破したがる人の心理とは?相手に言い負かされないための5つの心得

更新日:

世の中にはいろんな人がいます。

どんな人とも平和に人間関係を築くことができれば良いですよね。

でも中には攻撃的な人もいます。

意見が異なった時に、正しさを突き通して相手を論破したがる人。

こういう人ってどんな風に頭の中で考えているんでしょうか?

 

今回は、論破したがる人の心理と、相手に言い負かされないための心得について詳しくまとめてみました。

 

 

スポンサーリンク

 

論破したがる人は何をしたいのか?

相手を論破する男性

相手を言い負かして論破したい人は、何をしたいんでしょうか?

論破することで得られるものはあるのでしょうか?

まずはこの部分について見ていきましょう。

 

相手より自分の方が優れていると思いたい人

論破するということは、自分が正しかったという結果を得ることになります。

仮にそれが仕事に関する重要な議論であれば、徹底的に話し合って結論を出すべきです。

ただし、楽しく会話する場面で同じ様に論破すると、その場の空気は壊れてしまいますよね。

要するに、正しいことを突き止めることが必要とされているかどうかで、論破すべきかどうか異なるということです。

 

しかし、論破したがる人はどんな場面でも相手のことを言い負かしてしまう。

その場の空気が壊れてしまっていることにも気づかずに、ただ相手より自分の方が優れているということを証明したいためだけに論破してしまう。

自分のことだけを考えて、自分の正しさだけを証明したいということです。

自己中心的な人が持つ特徴と心理とは?自己中な性格を直す方法

 

承認欲求が強い人

承認欲求が強い人も同様です。

承認欲求が強いということは、現時点で認められていないということ。

誰かに認めて欲しいという気持ちが強いために、楽しい会話をするような場面でも必要以上に正しさを追求してしまう。

仮に正しいことが認められたとしても、良好な関係を築くことはできないでしょう。

承認欲求が強い人も自分のことだけを考えている人。

我を追求するということは相手のことをないがしろにしているということです。

承認欲求の強い人の特徴とは?

 

場の空気が読めない人

場の空気が読めない人も同じですね。

楽しい雰囲気で会話している中で、その空気を壊してしまう人っていますよね。

場違いな話をしてしまって、みんなの会話が止まってしまう。

話していることが正しいとしても、その場の空気によっては正しくないほうが盛り上がることもあります。

場のノリを重視して話すことが冗談になり、くだらない内容だとしても楽しい時間を共有することができる。

 

しかし場の空気が読めない人は、自分の考えを押し通そうとします。

自分の考えを理解してもらえない周りの人間に問題があると勘違いして、不機嫌になったり黙り込んでしまう。

結局自分のことしか考えていないんですね。

 

スポンサーリンク

 

相手に言い負かされないための5つの心得

論破する人は基本的には放っておきたいところです。

しかし議論を回避することができずに、相手に言い負かされてしまうとまずい状況もありますよね。

論破されないために、相手に言い負かされない様にするには、あらかじめ頭の中で準備しておくことが重要です。

 

結論が出ない話があることを理解しておく

話の内容によっては、一つの結論が出ない内容もあります。

相手の言い分も正しいけれど、自分の話す内容も間違っていない。

でも、相手の話術が優れていて、こちらからうまく言い返せない時に、相手が正しかったということになってしまう。

どんな話でも正論は1つしかないと考えてしまっていると、何とかして相手の話を否定しなければいけないと考えてしまうでしょう。

 

しかし相手の話は間違っていないので、否定することができずに何も言えない。

こういう場合は、「そういう考え方もある」ということを伝えるんです。

「あなたの言い分は間違っていないけれど、数多くある中の一つの考え方に過ぎない」

これさえ伝えれば、論破という形での決着ではなく、意見がすれ違い平行線で話しが落ち着くでしょう。

つまり議論において重要なのは、自分が間違ったことを言わなければ良いのです。

 

相手が正しいか正しくないかを考える前に、自分からボロを出さない。

そうすれば相手も否定できないのです。

 

簡単に相槌をうたない

すぐに論破されてしまう人は、普段の会話の流れの慣れから、すぐに相槌を打ってしまいます。

相槌だったら問題ないと思うかもしれませんが、論破されたくない場面ではできるだけ相槌は打たない方が良いです。

なぜなら、相槌を打ってしまうと、どんどん相手の話を聞かなければいけないからです。

そこまで話した内容については反論がないと勘違いされてしまい、どんどん話を進めてしまう。

気づいた時には言い返すことができずに、言いくるめられてしまう結果になります。

論破する人間も大抵の場合はそこまで優れた人間ではありません。

100%自信があって話しているわけではなく、多少嘘を交えてでも相手を言いくるめる話術で封じ込めてしまう。

反論の隙を見せないんです。

 

スポンサーリンク

 

相手の話の正しい部分はあえて認める

相手の話に対して簡単に相槌を打たないことは大切です。

しかし全て聞き流して、反応しないわけにもいかないですよね。

相手の話す内容について正しい部分については逆に認めてあげる。

そうすることで、相手側としても理解を示してくれる人間と認識して、必要以上に相手のことを言い負かそうとすることはなくなります。

 

議論において重要なのは、筋が通っていることです。

話の本質を見極めずに議論していてはただの言い合いに過ぎません。

相手が話す内容で正しい部分については、しっかりと認めてあげる。

認めることでおかしい部分についてもすぐに指摘することができるはずです。

 

感情的にならない

議論が白熱すると、どうしても感情的になってしまうでしょう。

理想的なのは、常に冷静にいることです。

しかし、相手の言い分がおかしかったり、自分の話す内容を理解してもらえないと、怒りや不満によって感情が高ぶってしまう。

議論が上手い人は、あえて相手を怒らせるために意味のないことをわざと話す人もいるのです。

そういう人にうまく乗せられて感情的になっては負けも同然です。

感情を出して話すのは、気持ちよさもありますが、うまく自分を制御して常に冷静に話せる様にしておきましょう。

自分がイライラしていないか?怒っていないかを自分でしっかりと監視しておきましょう。

 

突っ込みすぎない

論破される人は、下手に話しすぎてしまう人も多いです。

話す内容が増えれば増えるほど、ボロが出てしまったり、間違ったことを言ってしまう場合もあります。

自分の本心ではないとしても思わず口走ってしまった。

一度口に出してしまうと、そのことを必要以上に引きづられ、追及されてしまう。

できれば最低限の内容だけ話して切り上げるのがベストです。

自分から話す内容が少なければ、それだけ論破されることも少なくなるということです。

自分が正しいことがわかったことで、必要以上に突っ込みすぎると自分を苦しめる結果に繋がりかねないということです。

 

まとめ

論破したがる人の心理と相手に言い負かされないための心得についてまとめてみました。

論破したがる人は、相手より自分が正しいことだけを追求している人です。

つまり自分のことだけを考える自己中心的な人だということです。

周りの空気が読めない人や、承認欲求が強い人。

こんな人を相手にしても時間の無駄でしょう。

ただし、どうしても議論しなければいけない場合は、相手に言い負かされない様に注意しておきましょう。

相手の言い分を認めつつも余計なことを話さない。

答えはひとつじゃないということを理解しておく。

それだけでも論破される可能性は低くなるはずです。

 

関連コンテンツ



人気おすすめ記事

1

休日の上手い過ごし方がわからない・・・。そんな人のために休日の過ごし方の悩みタイプによっておすすめの方法を伝授します!

2

大人気でいきおいの止まらないすっきりフルーツ青汁! はたしてダイエットに有効なのか!?美容面でどれだけ優れているのか!?   そんなすっきりフルーツ青汁のどこがすごいのかについて詳しくまとめ ...

3

目つきの意外な改善方法が・・・!?目つきの悪さはデメリットばかり。早く治さないと損しつづけることに・・・。顔の印象を整える表情筋ストレッチもあわせてどうぞ!

4

バストアップを諦めてしまってませんか? これまで中途半端にバストアップに取り組んできた人は、効果を出し切れていない可能性は高いです。   バストは1カップでも大きくなれば、見た目にはぜんぜん ...

-性格・心理

Copyright© おすすめトレンド美容健康サイト , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.