美容や健康に関するおすすめのトレンド情報をご紹介していきます

おすすめトレンド美容健康サイト

スキンケア

目の下のたるみが老け顔の原因!アンチエイジングのためのたるみ防止策とは?

更新日:

目の下のたるみ・・・。

年齢とともにだんだんと垂れるようになって、気になってきますよね。

 

顔の見た目は少しの変化でも老けて見えます。

そう、目の下のたるみも老け顔に見える原因の1つ。

アンチエイジングに取り組むなら、しっかりとケアしたい部分です。

いつまでも若くありたいなら、見られがちな目元、特に目の下のたるみを防止しておきたいところです。

今回はアンチエイジングのための目の下のたるみの原因とたるみの解消方法について見ていきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

目の下が垂れる原因

目元の老化が気になる女性

まずは目の下が垂れる原因です。

対策をする前に、原因についてしっかり確認しておきましょう。

 

筋肉の衰え

顔全体には、表情筋と呼ばれる筋肉があります。

この筋肉が衰えることで、頬やほうれい線などに影響が出るのですが、目元にも筋肉があります。

 

眼輪筋と呼ばれる筋肉が衰えると、若い人でも目の下にクマができます。

年齢を重ねていれば、自然と筋肉が衰えて、目の下が垂れてくるんですね。

これは、目の下に限らず、目の周り全体に言えることです。

まぶたが落ちれば目が小さく見えたり、まばたきの力も小さくなることで目が乾きやすくなって、ドライアイの原因にもなります。

 

目の下のクマ

目のしたのクマは、筋肉もそうですが、血液やリンパの流れが悪くなると、脂肪が残り老廃物が排出されなくなることで起こります。

また、たるみとともに目の靭帯がゆるんでしまうと眼球が内部から押し出すことで目の下の膨らみが強調されてしまいます。

目の下によくクマができている人は、もう既に老化が始まっているかもしれません。

 

コラーゲンの不足

コラーゲンは20代をピークにどんどんと減少していきます。

50代の時点ではおよそ半分にもなってしまいます。

肌のうるおいをしっかり保つためにはコラーゲンが不可欠。

 

ここに意識して取り組んでいないと、年を取った時に同年代の人と比べて、肌に大きな差が出ることになります。

顔の目元も当然肌の一部。

美容に若い頃からしっかりと取り組んでいないと、自然に目の下がたるんでしまっても仕方がないと言えます。

 

目の下のたるみ防止対策方法

では、どうやって目の下のたるみを防いでいくかについてその対策方法を見ていきましょう。

 

筋肉自体は鍛える余地あり

たるみの一つの原因として、筋肉が影響していると言いました。

これはアンチエイジングの取り組みとしては、比較的取り組みやすいんです。

なぜかというと、誰でも簡単に鍛えることができるからです。

 

筋肉と聞くと、筋肉トレーニングをイメージしてしまって、つらくてしんどいイメージがあるかもしれません。

でも顔の筋肉の場合は、そんなハードトレーニングは必要ないのでご安心を(笑)

しっかりと行おうとすると、意識的な表情筋トレーニングが必要ですが、そこまでしなくてもしっかりと表情を作るだけでも顔の筋肉は鍛えられます。

 

気をつけたいのが、普段あまり表情を作らない人。

無表情だとどんどん筋肉が衰えてしまうので、老化現象が進むのが早いです。

つまり、ふだんから意識して顔を動かすようにするか、自然な形で表情豊かに過ごす。

これをするだけでも目の下のたるみの改善につながります。

 

コラーゲン補給でアンチエイジング

30代、40代に入っていても、意識的にコラーゲンを取り入れていくことで、アンチエイジングとしてとても有効です。

もう年齢が高くて、いまからやっても遅いんじゃないか・・・。

こう考えて、取り組みを諦めている人も多いですが、まだまだこれからも肌は衰えつづけていきます。

 

美容で特に重要なのは、いかに老化スピードを遅くするかということです。

整形外科のような方法で無理やり肌を若返らせる方法もありますが、自然に肌が20代に戻ることはかなり難しいでしょう。

 

でも、現状維持することはまだまだできます。

なにもしなければ、さらに同年代の人との肌年齢の差が開いていくでしょう。

そのためにも意識して美容というのものに取り組んでもらいたいです。

そのために、積極的にコラーゲンを取り入れていくことはとても大切です。

 

肌としての質を保つことも大事

肌として考える時に、コラーゲンだけでなく肌そのものの質を上げることも重要です。

これは特に保湿が大切。

保湿は肌の全ての基本であり、最も重要なことです。

 

肌の保湿のために、普段から化粧品などに気を使っているとは思いますが、本当に自分にあった保湿ができているか、しっかりともう一度確認しておくことも大切です。

間違ったケアを続けていたために、肌を守るどころか刺激を与え続けていた人もいます。

肌は最終的には自分の責任です。

化粧品や美容品を責めても自分の肌は帰ってきません。

肌の質を高めつつ守るために、肌ケアの方法について正しい取り組み方を学んでおきましょう。

 

さらに積極的なアンチエイジングとたるみ改善策

ここまで見てきた内容は、あくまで基本的なアンチエイジングとしての対策です。

ここからは、さらに積極的なアンチエジングの方法について見ていきましょう。

費用がかかるものもありますが、それだけ実績があり確かな効果を実感されている方が、それだけの価値があったからこそ、今も人気の高いケア方法であるものです。

 

コラーゲンサプリメント

最近では、コラーゲンペプチドと呼ばれる、細分化してより細かく小さい状態にしたコラーゲンが販売されています。

これは、コラーゲンの吸収率や消化のしやすさを高めるためのもの。

 

コラーゲンペプチドを継続的に取り入れたことで、実際に肌の角質における水分量が高まったケースもあります。

高齢の被験者でシワの改善も見られたケースもありました。

効果を実感するにはある程度時間がかかるものではありますが、不足しがちなコラーゲンをより豊富に取り入れたいのであれば、有効な手段の1つでしょう。

 

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸もコラーゲンと並んでよく見かける成分です。

その効果を詳しく知らない人のために簡単に説明しておきます。

大きな特徴としては、高い保水性を持っていること。

 

ここでも水分に関する成分ということで、コラーゲンもそうですし、肌にとっていかに水分量やうるおいが重要かがわかりますね。

美容整形ではヒアルロン酸注射などもありますが、これもほうれい線や気になるシワを埋めてくれる効果があります。

体になじみやすくて、細胞組織にも浸透しやすいヒアルロン酸も積極的なアンチエイジングとして活躍する力をもっているということです。

 

美顔器

美顔器はこれまで見てきた中では、少し高額な部類になります。

登場から時間が経ったこともあって、さまざまな種類の美顔器が出ています。

 

美顔器は顔の悩みのタイプに合わせて選ぶ必要はありますが、基本的には顔の保湿や潤い成分を改善しつつ、マッサージや筋肉を鍛えるアプローチです。

超音波美顔器や高周波のものなど、リフトアップ効果を狙ったものや、むくみを取るタイプ、しみやそばかす向けのものなど、目的によって各社製品の特徴が違ってきます。

 

また、美顔器をやりすぎると肌にとって逆効果になることもあります。

少し上級者向けの美容製品ではありますが、積極的にケアしていきたいのであれば、取り入れてみても良いでしょう。

 

目の下のたるみとアンチエイジング対策のまとめ

気になる目の下のたるみは、アンチエイジングとしても意識的に取り組みたい部分です。

やっぱり目元はかなり見られやすい部分なので、老け顔に見られやすいポイントです。

ふだんから美容としての取り組みも重要ですが、顔の特性をしっかり理解して、筋肉や肌にとって何が良いのかをわかった上で取り組むと、美容効果も高まって実感しやすいでしょう。

 

いつまでも肌の若さを衰えさせないためにも、がんばってケアしていきましょう!

 

 

関連コンテンツ



人気おすすめ記事

1

休日の上手い過ごし方がわからない・・・。そんな人のために休日の過ごし方の悩みタイプによっておすすめの方法を伝授します!

2

大人気でいきおいの止まらないすっきりフルーツ青汁! はたしてダイエットに有効なのか!?美容面でどれだけ優れているのか!?   そんなすっきりフルーツ青汁のどこがすごいのかについて詳しくまとめ ...

3

目つきの意外な改善方法が・・・!?目つきの悪さはデメリットばかり。早く治さないと損しつづけることに・・・。顔の印象を整える表情筋ストレッチもあわせてどうぞ!

4

バストアップを諦めてしまってませんか? これまで中途半端にバストアップに取り組んできた人は、効果を出し切れていない可能性は高いです。   バストは1カップでも大きくなれば、見た目にはぜんぜん ...

-スキンケア

Copyright© おすすめトレンド美容健康サイト , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.