スキンケア

バルクオムが脂性肌に激おすすめできる理由を徹底解説!

更新日:

バルクオムはメンズ美容を意識した数少ないメンズコスメの製品です。

脂性肌の男性は、自分のオイリー肌にバルクオムが使えるか気になっているでしょうか?

結論から言うと、かなりオススメです!

いや、マジで明日から使ったほうがいいですよ。

なんでかって、自分も脂性肌で悩んでいたからです(笑)。さらさらすべすべの肌って触ってて嬉しくなるもんです。

確かに自分1人だと、説得力にかけるかもしれませんが、実際製品の売りの部分を見てもらえれば、理解してもらえるはずですよ。

 

毎日髭を剃らなければいけない男性には、髭剃り後のケアとしてもかなり有効ですし、女性にモテたい男性の美白製品としても、かなり優秀です。

特に肌ケアに気を使っていない男性なら、メンズコスメ導入の第一歩としては、セット一式が手に入るのでかなりおすすめですよ!

 

今回は、脂性肌の悩みを持つ男性に、バルクオムの特徴や、肌トラブルが起こる原因など詳しく解説していきます。

 

スポンサーリンク

 

バルクオムが脂性肌におすすめできる理由

肌の水分保湿を補ってくれる

実は肌がギトギトして脂っぽくなってしまうのは、肌の内部の水分が足りないためなんです。

水分が足りないと、肌が自動的に脂分でカバーしようとする構造になっているので、必要以上に脂が出てしまうんですね。

イメージとしては逆の捉え方をしていたかもしれませんが、保湿が足りていないんです。

 

女性と違って、男性はカサカサした肌質ということもあって、余計に水分が乾燥しがち。

ここを意識してカバーできるのが、バルクオムの保湿成分。

バルクオムの洗顔料

まずは洗顔料で肌の汚れだけを取り除く。

バルクオム化粧水

洗い流した毛穴から角質層に潤い成分を送り込むことで、しっかりとした保湿を作り出します。

バルクオムの乳液

最後に保湿状態をキープするための乳液で、外部からの乾燥をカバーという流れになります。

 

メンズコスメBULK HOMME(バルクオム)をみてみる

 

BULK HOMME(バルクオム)  Instagram 口コミまとめ

BULK HOMME(バルクオム) の利用者のおすすめ情報も載せておきます。

 

お久しぶりです😽🙌🏽  私事ですが以前プロテインの飲みすぎで 肌荒れを起こしてからずっと治らなくて すげー困ってて最近これ使ってる😽  @bulkhomme さんの肌活コース🖋 【商品のポイント】 男性のスキンケアのベーシックとして 提唱するスキンケアステップコースで 洗顔→化粧水→乳液の「肌活」を行うことにより、理想的な肌へと導いてくれるって😊💕  最近やっててカッサカサだった肌が 保湿されてるのを実感できて続けてます💪🏽  肌荒れで困ってる人、肌活してる人はチェックして☝🏽☝🏽  #バルクオム #メンズファッション #メンズコスメ #BULKHOMME#肌活#バルクオム_PR

haruさん(@h.a.r.u.stagram)がシェアした投稿 -

 

 

メンズコスメBULK HOMME(バルクオム)をみてみる

 

男性で肌トラブルが起こる原因とは?

肌トラブルで悩む男性

実は、男の肌は水分と皮脂のバランスが悪いんです。

乾燥肌を嘆く女性よりも、実は男の肌の方が水分量は少ない。そしてその水分を守るために、皮脂が多めに分泌されやすいのが男の肌の特徴。男の肌のほうがベタつきやすいんです。

思い当たる項目あるんじゃないでしょうか?

  • 仕事で夜帰ってくるのが遅く、毎日コンビニ弁当を食べている。
  • 学校や仕事場での人間関係によるストレスを日々感じている。
  • 寝る時間が遅くて、毎日不規則な生活をしている。

気をつけたいとは思っていても、どれも改善がむずかしい、しょうがないものばかりですよね・・・。

 

肌が乾燥する原因

男性の場合、髭剃りの前後でしっかりとスキンケアできていない人も多い。シェービングジェルを剃る前に塗るだけで、後は水で洗い流すだけ・・・。

これだと髭剃りによって肌の表面を削り取っている、肌の角質層を傷つけたあとのケアができていないということです。肌がもともと持っている水分がなくなって保湿されていない肌になってしまう。

 

また、逆にしっかりとスキンケアしていたとしても自分の肌に合っていない化粧水を使ってしまっている人も同じです。洗顔するときに手でこするのはNG。手やタオルでの摩擦によって、肌を傷つけてしまっているケースが多い。

顔をゴシゴシ洗うのは気持ちが良いので、つい手荒に洗ってしまうのはわかりますが、肌にとってはよくないことなんです。乾燥肌気味の人は、できるだけ優しく洗うようにしましょう。

 

脂性肌タイプの原因

もともと肌の脂分が多いタイプの人もいますが、特に若い年代、20代近辺の年頃に多いのが脂性肌の悩みです。これは男性ホルモンとの関係もありますが、日々の生活習慣の影響も強い。

男性の場合、ふだんの食事内容がおろそかになりがちなので、なおさら気をつけておきたいところです。顔のテカリやニキビ、毛穴の詰まりといったわかりやすい肌トラブルで悩んでいるタイプは、このタイプが多いはずです。

 

男の肌をもちもちにする方法

もちもち肌になった男性

男の肌ケアは、男性専用の美容液を利用すべきです。なぜなら、女性専用の製品と違って、男性の肌質を元に開発された製品の方が、一時的な見た目だけじゃない根本的なアプローチが可能だからです。

 

肌トラブルを解消するためのスキンケア方法

気になる肌トラブルを解決するためのスキンケアの方法を簡単に説明しておきます。もしまだ自分が知らないものがあれば、ぜひ取り入れてよりよい肌を作り上げて下さい。

 

正しい洗顔の方法

洗顔は一日に何回行っていますか?肌のタイプによっては、洗顔のしすぎはよくないこともあります。

 

これまでスキンケアをしたことがないのであれば、始めてからある程度の時期は、1日に2回の朝と夜に行っても良いです。

そこで肌の様子を見てから、回数が多いと感じれば1日1回に調整するなどして、自分にベストな洗顔の回数を見極めることが重要です。

 

洗顔の仕方としては、泡だけでこすることです。

間違っても手でゴシゴシと刺激してはいけないということですね。すすぐときもすすぎ残しのないようにしっかりと水で全部洗い流します。

そして洗い終わったらすぐに乳液やローションといった化粧水によるケアを行って下さい。洗顔後の肌は、早ければそれだけ肌に浸透しやすいはずです。せっかく使っている製品の効果をフルに発揮するためにも、合わせてスキンケアを行うようにしましょう。

夏場であれば、UVカットの成分が含まれたものも使えると、より肌を守ることになります。

 

年代による肌の変化に合わせる

男性も年齢によって肌の質は変化していきます。

10代であればニキビができやすい脂性肌。20代は特に仕事盛りということもあって、肌のトラブルが多い時期でもあります。30代を越えると、男性ホルモンの分泌も減少しはじめて、逆に乾燥肌になっていくパターンが多いでしょう。

そこでうまく切り替えずにいままでと同じ方法で洗顔すると危険です。自分の肌に合わないものを使いつづけるわけなので、ケアしているどころかむしろ逆に肌を傷つけつづけていることになりますからね・・・。

 

40代を越えれば今後は、シミやシワの問題がでてきます。男性の場合、女性ほどシワに固執することもないかもしれませんが、まだまだ若い顔でありたい人にとっては大きな問題です。そのためには、できるだけ若いころからしっかりとスキンケアをして肌年齢を若く保つ必要があります。

こうやって年代によって肌へのケアもどんどん対応させることが、美肌を保つ秘訣です。

 

まとめ

脂性肌で悩んでいる男性にこそ、バルクオムを試してもらいたいです!

肌がオイリーになってしまうのは、水分が足りていないから。

そこを意識してカバーできれば、みずみずしい肌を手に入れることができますよ!

 

今の時代、男性も美容意識が重要です。女性の美容意識は高いですが、男性はまだまだ低いです。

そんな中、男でありながら、美容意識が高いと、他の男性よりも一歩前進しているということ。女性とスキンケアの話でも盛り上がれるかもしれませんよ?

モテるために、かっこいい男でいるために、メンズスキンケアはかかせないでしょう。

外見として、一番注目される部分の顔をきれいにしておくためにも、スキンケアにしっかりと取り組んでみてくださいね!

 

関連コンテンツ



-スキンケア

Copyright© おすすめトレンド美容健康サイト , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.