美容や健康に関するおすすめのトレンド情報をご紹介していきます

おすすめトレンド美容健康サイト

スキンケア

一重まぶたのアイラインの引き方のポイントとは?一重でもきれいな目に見せるメイク術!

更新日:

一重さんの場合、アイラインって結構大事なポイントです。

一重だとしても、メイク次第でいかに自分の魅力を引き出せるか?

ここで大きな差が出るということです。

 

まだいまいちアイラインの引き方がわかっていない人や、今までなんとなくアイラインを引いていた人も、しっかりマスターすることでメイクの能力アップ間違いなしです!

そんな一重向けのアイラインでの重要なポイントについてまとめてみました。

それでは見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

一重まぶたのアイラインの引き方

早速アイラインの引き方について見ていきましょう。

 

一重のためのナチュラルアイメイク

一重でも綺麗に美しく魅せるためのアイメイク。

アイシャドウとのかねあいも重要で、のせた後に指でおさえることが重要。

一重の場合、どうしてもまぶたの裏に隠れてしまう部分が大きいため、色の濃いものを最後にするのと、アイライナーは太めに入れるのがポイント。

また、下のラインはアイライナーではなくペンシルで引くとよりくっきりとしたメイクになります。

 

ケバくなりすぎない一重メイク

アイライナーを引いていて、目を閉じた時に不自然に見えるときの対処方法として、アイシャドウでカバーするのがポイント

あらかじめシャドウで大きめに描いておいてから、アイラインを普通の太さで引くだけで、目を閉じてもケバくなりすぎないメイクにできます。

ただ単純にアイライナーを太くする意外にも、他のメイクとの組み合わせによっては逆に細く引くことでバランスが取れるというメイクの例ですね。

スポンサーリンク

 

今っぽさ重視のアイラインの引き方

一重の場合、インライン、まつ毛の間、アウトラインは何も引かなくて良いのがポイント

グレイ系のアイライナーを使用して、目尻部分を7mmだけ伸ばします。

やや太めに、はみだしラインを目尻の内側5mmまで戻します。

 

一重や奥二重でも目が大きく見える引き方

まずインラインの縁を埋めるように描くのがポイント

その後、目尻をはねあげないようにして優しい印象にとどめておきます。

それができたら、目尻のキワ部分から目尻ラインの間の部分を埋めていきます。

最後に細めのブラシで簡単にぼかすだけで、目が大きく見えるというもの。

 

スポンサーリンク

 

アイラインを引く場所

アイラインを引く時にどこに聞けば良いのかいまいちわからない人もいるかもしれませんね。

基本的にはまつげからまぶたに向かって3mmほどの場所を引いていきます。

あまり太く離れてしまうと、濃い化粧のメイクになってしまうので、まずは薄めに引くのがポイントです。

何度も鏡を見ながらおかしくなっていないか調整しながら徐々にラインを引いていきましょう。

 

パンダ目にならない様に注意しよう!

アイラインを引く時に注意しておきたいのがにじみによるパンダ目ですね。

メイクした直後は問題ない様に見えても、時間が経つにつれて滲んでいくことで目の周りが不用意に黒くなってしまう。

化粧崩れを直すタイミングを作れない時もあるので、使用するアイライナーも非常に重要です。

自分が思っているよりも多く目のラインに引いてしまった場合は、ティッシュや綿棒などでつけすぎた分を拭き取っておくとパンダ目を防ぐことができます。

 

タイプ別のアイラインメイクの合わせ方

基本的なアイライナーの引き方については押さえました。

ただ、それぞれ一重といってもタイプが異なるはずです。

自分がどのタイプかを知ることで、自分に合うメイクができればより魅力的になれるということです。

 

自分の好みと自分に合うものは違うかも?

ここで重要な考え方としては、誰のためにメイクするかということです。

 

ただ自分のためだけに好きにメイクしたいという場合は、人に見られることを意識せずに自由にメイクした方が、何も気にせずメイクを楽しめるので、気持ちも楽です。

そうじゃなくて、誰かに見せたいメイクをするのであれば、自分の特性や相性を知っておくことが大事です。

自分の好きな色やファッションのタイプ、身長なんかも関係してくるかもしれません。

 

自分をどうやってプロデュースするのか?

どうやって自分をプロデュースするかをしっかり考えて、全身の印象と合わせたものにしないと、顔の部分だけ浮いて見えてしまう

大人になりたいからと、無理に大人メイクとして濃いメイクになっている人を見かけたりしますよね。

自分が楽しむためにやっているなら問題ないですが、綺麗で美しくかわいい女性を見せたい、特に男性にモテたいためにやるのであれば、ここは大事なポイントになってきます。

さらに、一重の種類によっても変わってくることがあります。

 

ボリューム一重タイプ

一重でもまぶたの部分が大きくてボリュームのある一重タイプであれば、そこに合わせるアイライナーはその大きさを抑えるものであるべきでしょう。

暖色系などのアイライナーをヘタに合わせてしまうと、さらにまぶたが強調されて腫れぼったい目に見えてしまいます。

まぶたを控えたいのであれば、そういったことも意識して好きな色を選ぶのではなく一重のタイプに合わせて選ぶことも重要です。

 

すっきり一重タイプ

すっきり一重タイプなら、するどい目つきになりすぎないように、目を大きくみせるようにある程度しっかりとした太さでアイライナーを引く。

これによって、一重が強調されすぎずに逆に一重であることが魅力的に見せることができます。

 

色の重要性

色を選ぶ時に、目だけでなく髪の毛や全身とのバランスも大事です。

服装などが暖色系なのに、目がブルーのアイラインだと、全体のカラーとしてバランスが奇抜すぎて、明るすぎるイメージになってしまうことも。

 

また先程あったようなケバいメイクにならないように、色の濃さについても注意が必要。

あくまで強調させずにふんわりとぼかしながらも意識させるようにするのが大切です。

 

リキッドアイライナーを利用するのもおすすめ!

一重まぶたのタイプにはリキッドアイライナーもおすすめです。

液体タイプのリキッドアイライナーなら、一重まぶたの厚みでアイライナーが滲んでしまう危険が少なくなります。

せっかくメイクをしたのに、色落ちしてしまうと台無しですよね。

 

リキッドアイライナーは、メイクした後にすぐに乾くことで、色落ちを防ぎます。

リキッドアイライナーはペンシルタイプのアイライナーと違って、にじみにくいんです。

液体タイプにはジェルタイプもありますが、リキッドタイプに比べて乾くまでに時間がかかってしまうこともあります。

それぞれ色の濃さや濃淡を調整することはできるのでメリットもありますが、一重まぶたにはバランスが良いリキッドタイプのアイライナーがベストです。

 

一重のための重要なアイライナーの引き方まとめ

一重のためのアイライナーの引き方についてまとめてみましたが、いかがだったでしょうか?

 

一重の場合どうしてもまぶたとの兼ね合いが難しいところですが、うまくアイライナーを引くことでカバーできたり、逆に魅力を引き出すこともできるはずです。

また、アイライナーだけでなくアイシャドウなどでうまく調整してあげるだけでも、ずいぶんと印象は変わってくるので、色々と自分でも試してみてくださいね。

アイライナーでお悩みの一重さんの参考になれば幸いです。

関連コンテンツ



人気おすすめ記事

1

休日の上手い過ごし方がわからない・・・。そんな人のために休日の過ごし方の悩みタイプによっておすすめの方法を伝授します!

2

大人気でいきおいの止まらないすっきりフルーツ青汁! はたしてダイエットに有効なのか!?美容面でどれだけ優れているのか!?   そんなすっきりフルーツ青汁のどこがすごいのかについて詳しくまとめ ...

3

目つきの意外な改善方法が・・・!?目つきの悪さはデメリットばかり。早く治さないと損しつづけることに・・・。顔の印象を整える表情筋ストレッチもあわせてどうぞ!

4

バストアップを諦めてしまってませんか? これまで中途半端にバストアップに取り組んできた人は、効果を出し切れていない可能性は高いです。   バストは1カップでも大きくなれば、見た目にはぜんぜん ...

-スキンケア

Copyright© おすすめトレンド美容健康サイト , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.