美容や健康に関するおすすめのトレンド情報をご紹介していきます

おすすめトレンド美容健康サイト

スキンケア

寝るときや朝昼夜と一日中アイプチするのは危険?二重になる正しい方法とは?

更新日:

二重は絶対に可愛いです。これは断言しますが、二重になることができれば絶対にモテます。

 

芸能人でも一重で美人、可愛いといわれている人はほとんどいません。それほどまでに一重と二重の間には超えられない壁があります。

一重は圧倒的に不利なんです。

二重になるだけ、たったそれだけで見た目は別人といって良いでしょう。だからこそみんな二重になる方法を一生懸命探していますし、二重整形する人が後を絶たないんでしょう。

 

そんな中で、アイプチで二重にしている方、とても多いですよね。毎朝やるのめんどくさいですよね・・・。

でも、めんどくさい以前にアイプチって危険なんです。特に寝る時もアイプチしている人・・・。いますぐやめないと、後になって取り返しがつかないことになります。いやもうなっているかも・・・。

 

今回はアイプチの危険性と正しく二重にするアプローチについて見ていきます。

 

 

アイプチの危険性とは?

目を押さえる女性

 

なんとしても二重になりたいところですが、だからといってやみくもに手を出したり、周りがやっているからという理由で自分も同じ方法を試すと、後でものすごく後悔することになります。

そのアイプチの危険性について見ていきましょう。

 

まぶたが伸びてしまう

まぶたというのは、実際に触るとわかると思いますが、とても薄いですよね。そしてとても柔らかいんです。

ほっぺたなんか、目じゃないです。耳たぶよりもっと柔らかいです。身体の中で一番柔らかいといっても言い過ぎじゃないでしょう。

 

何が言いたいかというと、ものすごくデリケートなんです。

 

まぶたの構造画像を見るとすごいんですが、あの薄い中に血管やら筋やらたくさん詰まってるんですね。薄いからどうせ大したもの入ってないだろうという感じはするんですが、耳たぶとは違うんです。そんなまぶたをアイプチなんかで無理やり折り曲げてくっつけたりすると・・・。

しかも、夜寝ている間ずっとつけていた場合、夜に起こる肌のターンオーバーの時にも、肌を捻じ曲げた状態でむかえるということ。

また、朝、昼、夜と長時間休まず付けていた場合・・・。日中なら平気だと思いますか?いやホント恐いですよ。血管などのことは置いておいても、まず皮膚や筋が伸びてしまいます。先に言ってしまいますが、伸び切ったらおしまいです。

 

手術しなければいけない可能性も

素材的にはゴムのようなものと思ってもらって良いです。元に戻せないのでどうするかというと、眼瞼下垂や眉下切開といった手術に踏み切るわけですね。

 

こういった施術を受けているのは、多くが高齢の方ですが、最近では30代後半、40代の方多くなっているようです。年を取ったときなら、別に手術しても平気だし?

そんな高額な金額を出せて、手術するのも怖くない、手術跡がまぶたに見えても化粧で隠せるし、という方は問題ないかもしれませんね。

もともと年を取ってしまうとどうしてもまぶたの筋肉は衰えて、自然と目が開きにくくなりがちではあります。おばあちゃんとか見てもほとんどの方がそうですよね。

若い時からアイプチをするということは、そういった状況になるのを早めていることになるんです。

 

今はみんな若いから何も問題なくやっていますが、若いときだけ二重で良いのであれば、引き止めません。でもこういった製品を作っている会社は、あなたのまぶたのことなんか全く心配していませんよ。どうするか選ぶのはあなたです。

 

ドライアイの原因にもなる

その他にも、まぶたを無理やり押し上げるということは、本来ならきちんと閉じていたはずの目が少し開いてしまい、目が乾燥する原因となる可能性があります。

コンタクトをふだん着けている人は、なおさらドライアイになりやすいです。

ドライアイの場合、最悪コンタクトが処方できなくなるので、注意したいところです。

 

アイテープも同じ危険性

アイテープも同じというか、むしろアイテープの方が粘着力が上ですので、より危険です。

皮膚を無理やり伸ばしてしまって、伸び切ったら最後、元には戻らないでしょう。

目元の大事な皮膚を大切に扱わない人は、後で痛い目にあうことになりますよ。

若さから何も知らずに見た目に気をつかってしまうと、危険なことも平気でやってしまいますが、本当に注意しないと取り返しがつかないことになります。

 

二重になるためにはどうすればいいの?

アイプチの危険性はわかったけど、じゃあどうやって二重になれば良いの?

答えは、”自然な形で二重にする”です。

 

まぶたが一重になっている原因はいくつか考えられます。まずは、まぶた自体が厚いことです。まぶたも脂肪分が多いと厚くなってしまいます。

厚くなると二重になる線、筋の部分が押し出される形になって、腫れぼったい一重まぶたになってしまいます。まぶた自体の脂肪を減らすことで、より二重になりやすいまぶたになります。

また、筋肉もある程度必要でしょう。目を思いっきり見開くと、おでこあたりがつっぱっていますか?

実は、肌は頭全体でつながっているので、顔の表面だけでなく、頭のてっぺんや後頭部なんかも連動しているんです。まぶたを引き上げるのは、後頭筋の力も必要になってきます。頭皮をさわってみて、全く動かないという人は、顔の肌をひっぱる力が弱いということでしょう。

 

また、普段あまり表情を作らないような人は特に注意したいところです。筋力による自然な形でのひっぱりなら、まぶたの組織を傷つけることもないので、安心して取り組めます。

 

自然に二重にするための方法

テープや二重のり、そういった偽物の二重じゃなく、整形による二重でもない。ホンモノの自然な形の二重にする。

変に腫れることもないし、メイクを落とした後も見た目が変わらない。まさにそこを目指した製品があります。

 

それが夜の間にアプローチするナイトアイボーテ

これを実際に試してから、二重の数々の悩みが解決した人が続々と出ている状況。朝のメイクにも自信がでてきたり、すっぴんでもかなりくっきりと線が残っているんです。別人!?と自分で驚くことも(笑)

 

こういった悩みって、ほとんどの人が同じ悩みをもっているんだと思います。でも、悩みつづけている人と、まるで最初からそんな悩みを持っていなかったように振る舞っている人。この違いって、やっぱり飛び込んでみて実際に使ってみたかどうかの違いだけなんですよね。

いろいろ悩みは多いけど、なにひとつ解決できないタイプの人って、警戒しつづけているんだと思います。それくらいおすすめな商品。かなりやばいです。

友達に勧めてみてもいいですし、あえて教えないことで差を一気につけることも・・・。

 

 

アイプチの危険性と二重になる方法まとめ

詳しい内容をまとめる女性

 

まぶただからといって、簡単に扱っては危険ということがわかってもらえたと思います。致命的になる前に、一日中アイプチをつけるなんて事は今すぐやめましょう。

 

そして、できればアイプチに頼らずに、自然な形での二重を目指しましょう。正しい方法でアプローチできれば、必ず手に入れることができるでしょう。

周りの人がやっているからと、合わせていては、危険なだけです。

目の大事な組織を台無しにしないように気をつけましょう!

 

関連コンテンツ



人気おすすめ記事

1

休日の上手い過ごし方がわからない・・・。そんな人のために休日の過ごし方の悩みタイプによっておすすめの方法を伝授します!

2

大人気でいきおいの止まらないすっきりフルーツ青汁! はたしてダイエットに有効なのか!?美容面でどれだけ優れているのか!?   そんなすっきりフルーツ青汁のどこがすごいのかについて詳しくまとめ ...

3

目つきの意外な改善方法が・・・!?目つきの悪さはデメリットばかり。早く治さないと損しつづけることに・・・。顔の印象を整える表情筋ストレッチもあわせてどうぞ!

4

バストアップを諦めてしまってませんか? これまで中途半端にバストアップに取り組んできた人は、効果を出し切れていない可能性は高いです。   バストは1カップでも大きくなれば、見た目にはぜんぜん ...

-スキンケア

Copyright© おすすめトレンド美容健康サイト , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.