美容や健康に関するおすすめのトレンド情報をご紹介していきます

おすすめトレンド美容健康サイト

スキンケア

【比較結果】ホワイトラグジュアリーとイビサクリームの黒ずみケアの違いはココ!どっちを選べば良いかタイプ別診断まとめ!

更新日:

黒ずみケアの製品として人気が高いホワイトラグジュアリーとイビサクリーム。

この2つはそれぞれ、バストトップ、乳首周りやデリケートゾーンなどに対して有効とされています。

ただ、全身に使用することもできると説明されているんですよね。

 

となると、どっちがいいのか?ここが気になるところです。

 

もちろんそれぞれがケアをおすすめしている箇所の方を選んでも良いんですが、それ以外に具体的にどういった違いがあるのか?

ここを比較してみたいと思います。

比較結果を見ることで、購入するにあたって悩んでいる人の参考になれば幸いです。

 

 

イビサとラグジュアリーはどこが違うの?

基本的には2つとも全身使用できますが、それぞれの特徴箇所についておさらいしておきましょう。

 

特徴的な部位

ホワイトラグジュアリーは乳首周りの黒ずみケアが特徴です。気になるバストトップ周りの黒ずみに対して特化した製品。

対して、イビサクリームは、デリケートゾーン周りの黒ずみケア。

もしバストに特化してケアしたいのであれば、ホワイトラグジュアリーを選ぶ方が、その部分に大してより深くケアできます。

イビサクリームでもバスト周りに対応できますが、どちらかといえばデリケートゾーン周りに特化しているということです。

 

有効成分の違い

なぜ全身に大して利用できつつも、特化した部分に違いがあるのか?

その明確な違いは、有効成分にあるんですね。

それぞれメインとなる有効成分がケアの軸となる考え方の違いにあらわれています。

もう少し具体的に見ていきましょう。

 

ホワイトラグジュアリーは3つのビタミンC誘導体

肌の解説図

 

3つの効果が異なるビタミンCによって、それぞれアプローチする層が違っています

  • 速攻型のアスコルビル酸Na:生ビタミンC ⇒ 角質層
  • 中間型のリン酸アスコルビルMg:水溶性ビタミンC ⇒ 基底層
  • 持続型のテトラヘキシルデカン酸サスコルビル:油溶性ビタミンC ⇒真皮層

ここが他の乳首美白製品との大きな違いです。

 

各層に対して、段階的に浸透することで、根本的な解決が可能。

よくある製品は、あくまで表面的なアプローチになってしまうんですが、ホワイトラグジュアリーは内部にまで浸透することで、一時的な対処ではなく大元の原因にアプローチできます。

また、それぞれのビタミンC誘導体が抗酸化作用によって活性酸素を減らしてくれて、肌のターンオーバーを促進し、メラニンの色素沈着を体外へ排出。

結果的に、黒ずみをカラダの外に出すというわけです。

 

ターゲットとしては、今すでにある黒ずみを解消しつつ、新たな黒ずみを防ぎたい人。

2つの製品はどちらも優れたものですが、それぞれ使うべき人がその症状によって異なるというわけです。

どうせ利用するならより効果を感じれる方を選択したいですよね。

自分がどちらのタイプを利用すべきかチェックしてみてくださいね。

 

イビサクリームのトラネキサム酸とグリチルリチン酸2k

有効成分

 

開発秘話として、元々は脱毛現場から生まれたのがイビサクリーム。その重要な成分が、トラネキサム酸とグリチルリチン酸2k

薬用美白成分として、高い効果をもつトラネキサム酸を軸に開発されたことが特徴です。サロンでの実績ある製品なので、一般ユーザーの利用実績も高い評価を得ています。

 

トラネキサム酸は肌の炎症を抑える効能で衣類などの擦れ、摩擦に対して有効。医薬部外品として、ビタミンCよりも早めに効果が期待できます。

持続性が高く保湿成分も高いで、何度も塗り直す必要がないところも良い点ですね。グリチルリチン酸2kは、肌荒れ防止と肌を整える効果で、美白効果も高いです。

 

2つの成分を見てきましたが、どちらもメラニンを抑える成分が含まれているので、根本的な黒ずみケア製品であることは間違いないです。

 

どちらの製品も全身利用OK

2つの製品の特徴としては、肌への刺激についてしっかりと考えられているところです。

つまり全身に利用しても問題ないということです。

やっぱり利用したい箇所が、デリケートな場所だけあって、実際に使ってみたのに、逆効果ということになるのが一番恐いですよね。

 

敏感肌の人は、特に肌に対する製品を利用する上で、気になる部分です。

香料、着色料、アルコールなどは含まれていないですし、低刺激にこだわって開発されているので、安心して利用することができます。

ワキやビキニライン、ひざ、ひじ、くるぶしなど、気になる黒ずみ箇所も同時にケアできます。

 

返金保証期間の違い

実際に利用してみて自分に合わなかったということもあると思います。

そんなときは、返金保証の制度を利用すればOK。2つの製品は、返金保証の期間に違いがあります

 

イビサクリームの返金保証期間は、28日間。お買い上げ明細書と商品の容器を返送すれば、返金してもらえます。

 

ホワイトラグジュアリーは、なんと90日間です。

じっくり肌に浸透するタイプだけあって、それだけ効果を実感するのに期間が必要ということを認識されているので、これだけ長く期間を設けられています。

 

黒ずみがひどくて悩んでいるタイプの人は、返金対応の期間が長いホワイトラグジュアリーの方がおすすめですね。

 

提供価格の違い

2つの製品は比較的安い部類の製品ですが、それぞれ販売価格も違っています。

定期購入の場合が一番お得に購入できるので、その値段で比較します。

  • イビサクリーム:4,470円
  • ホワイトラグジュアリー:5,980円

定期購入の条件も併せて載せておきます。

  • イビサクリーム:最低2回の継続が条件
  • ホワイトラグジュアリー:最低3回の継続が条件

 

比較した結果、イビサクリームの方が、1500円ほど安く継続期間も短くなっています。

返金保証期間もイビサクリームは短いので、試しやすいのはイビサクリームになります。

 

ただホワイトラグジュアリーも保証期間は長く、じっくりケアしたい人にとっては、十分安い部類なので、そこまで大きな差はないでしょう。

 

内容量の違い

内容量の違いも見ておきます。

  • イビサクリーム:35g
  • ホワイトラグジュアリー:25g

イビサクリームの方が安いんですが、内容量は多いですね。

 

特徴的な箇所以外にも、全身の黒ずみに使ってみたいという人は、イビサクリームがおすすめかもしれません。

そこまで量は必要なくて、余らせてしまうのであれば、内容量についてはそこまで気にする必要はないでしょう。

 

イビサクリームとホワイトラグジュアリーの違いまとめ!

いろんな観点から比較してきましたが、どちらも黒ずみケア製品としてはおすすめできる製品であることに間違いありません。

基本的には、それぞれが推しているバストトップとデリケートゾーンに合わせて購入することで問題ないとは思います。

 

ただ、価格や黒ずみの状態、試したい期間などによって、選ぶ基準を変えてみても良いでしょう。

黒ずみで悩んでいるなら、どちらも一度試してみる価値はある製品ですし、返金保証もあるので悩み続けずに試してみてくださいね!

 

 

キレイになりたい女子へ

 

 

関連コンテンツ



人気おすすめ記事

1

休日の上手い過ごし方がわからない・・・。そんな人のために休日の過ごし方の悩みタイプによっておすすめの方法を伝授します!

2

大人気でいきおいの止まらないすっきりフルーツ青汁! はたしてダイエットに有効なのか!?美容面でどれだけ優れているのか!?   そんなすっきりフルーツ青汁のどこがすごいのかについて詳しくまとめ ...

3

目つきの意外な改善方法が・・・!?目つきの悪さはデメリットばかり。早く治さないと損しつづけることに・・・。顔の印象を整える表情筋ストレッチもあわせてどうぞ!

4

バストアップを諦めてしまってませんか? これまで中途半端にバストアップに取り組んできた人は、効果を出し切れていない可能性は高いです。   バストは1カップでも大きくなれば、見た目にはぜんぜん ...

-スキンケア

Copyright© おすすめトレンド美容健康サイト , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.