美容や健康に関するおすすめのトレンド情報をご紹介していきます

おすすめトレンド美容健康サイト

スキンケア

小顔になる方法【全調査】まとめ!顔痩せ・マッサージ・矯正の結局どれがいいの!?

更新日:

小顔になると、実際異性からかなりモテます。

世の中の女性が小顔になるために必死に努力するのもわかります。

ただ、どうやって小顔にするのか?

顔痩せやマッサージ、リフトアップなど色々と方法がありますが、どれが良いのかイマイチわかりません。

 

そこで今回は、小顔になるための方法について全調査した結果をお伝えしたいと思います。

早速見ていきましょう!

 

 

スポンサーリンク

 

小顔になるための方法とは?

小顔になるための方法として、顔痩せはかなり重要

どれだけ骨格が小さくても、顔に脂肪がつけば顔が大きくなってしまいます。

逆に考えれば、顔の脂肪を落とすことができれば、それだけで見た目からも顔が小さくなります。

 

サロンや医療クリニックで矯正してもらわなくても、顔痩せだけでかなり小顔にすることができるんです。

色々と手を出す前に、まずは顔の脂肪を減らすための方向でアプローチするのが有効。

 

顔痩せダイエット

唇を内側に巻き込んで、口角をキュッと持ち上げます。そして、唇をすぼめた状態で出来る限り前へ突き出したまま3秒間キープします。

これを10回繰り返します。

その後、首体操のような動きで、左右前後に首筋を伸ばしたあと、ゆっくりと首をまわします。さらに親指で鎖骨の内側を押し出すようにマッサージします。

 

顔痩せ実践トレーニング方法

口の中で舌を使ってほっぺたを押し出すようにぐるぐると回す方法。

20回ずつ左右どちらの廻し方でも行うと、筋肉痛になるほど筋肉を使います。それだけふだん使ってない筋肉ということです。

筋肉を使うことで、顔が引き締まって脂肪燃焼効果もあり、顔痩せに有効な方法です。

 

二重あごの人は、姿勢が悪くなっていませんか?背中が反るような猫背のような姿勢をとってしまうと、アゴ周りに脂肪が付きやすくなります。

しっかりと肩を後ろの方に出すように、背中を張ることで姿勢が正しくなり、二重あごの解消にもつながります。

 

たった90秒!?頬のたるみ改善エクササイズ

しっかりと笑顔を作るように、口角を横と上に持ち上げるようにします。

ただそのまま上げるのではなく、耳からあごにかけてのラインを引き締めて痩せるように、あごをしっかりと食いしばることがポイント。

頬肉リフトアップに有効なエクササイズです。

 

スポンサーリンク

 

小顔マッサージで表情筋をやわらかくする

小顔になるための方法としてマッサージをする方法もあります。

表情筋を柔らかくするだけでなく、血行やリンパの流れが良くなることで、結果的に顔の引き締め効果につながります。

 

むくみ解消の小顔リンパマッサージ

鎖骨リンパ節、耳下腺リンパ節を手で押し出しながらマッサージすることで、リンパの流れをうながしていきます。

あごの下から耳もとまで、親指と人差し指でつまむようにしっかりと押し上げていきます。

皮膚をこすってしまうと赤くなるので、あくまで軽くおさえることを意識して行いましょう。

 

フェイスヨガによる呼吸を意識したリンパマッサージ

ヨガのしっかりとした呼吸と共に行うことで、よりリンパの流れを良くするマッサージ方法。

顔色がよくなかったり、毛穴が気になる、シワやシミが増えたような気がする。

そんな方に、むくみ解消もかねたリンパマッサージを行うことで、肌のターンオーバーも改善されて、肌の美容にもとても効果的

顔のリフトアップ効果もあって、まさに小顔のためのマッサージといえます。

 

小顔エクササイズ

小顔になるためのエクササイズ方法もご紹介しておきます。

この方法を実践すれば、顔が小さくなるだけでなく気になる顔のシワなんかもなくなる効果もあります。

30代、40代になってほうれい線が気になっている年代の方であれば、積極的に取り入れてみて下さいね。

 

少し顔を上に向けた状態で舌を出すという運動。

単純なようですが、舌を動かすというのは小顔になるための運動としては良いアプローチです。

 

口の中で舌をくるくる回す舌回し。

顔の筋肉のたるみを防ぐ効果と、血行促進によってむくみを解消する効果など、小顔にするために必要な要素が複数含まれているので非常におすすめのエクササイズです。

ふだん顔を動かしていない方はぜひ取り組んでみて下さいね。

顔を動かせばそれだけ表情豊かな顔になります。

顔は自分で作り上げるものと思って積極的にトレーニングしてみましょう。

表情筋をもっと積極的に鍛えたいという方はこちら

表情筋はめっちゃ重要!見た目の印象度がかなり上がる表情筋トレーニング厳選まとめ!

 

スポンサーリンク

 

たるみケアのアンチエイジング

女性の肌は年齢を重ねるとたるみによってどんどん下がってきます。

しっかりと表情筋を鍛えて、もちあげる力をつけることも大切ですが、アンチエイジングの対策も必要になってきます。

肌が最近たるんできているなと実感のある人は注意しておきたいところですね。

 

顔にたまった老廃物

ふだん顔を動かせていない分、顔に老廃物がたまっている人も多いはずです。

顔にたまった毒素を押し出すためには、ある程度の圧力によって押し出す必要はあります。

気になるほうせい線などもマッサージなどで解消されますが、行う時はクリームなどの保湿成分の高いものを使いながら行いましょう。

肌に摩擦は厳禁です。アンチエイジングのつもりが、肌を悪化させては意味がないです。

 

二重あご

二重あごは顔が太ることでも起こりやすいですが、肌の質が下がることでも起こりえます。

肌のハリを保つために必要な成分であるコラーゲンやヒアルロン酸といった成分が少なくなると、肌がたれてしまいあごにまでたれることに。

顔を横から見た時にあごにラインが入ってしまって二重あごに見えることもあります。自分で気づけない場合もあるので、顔を横にむけてチェックすることも重要です。

 

紫外線防止が小顔効果に!

顔の肌のたるみは、紫外線によっても引き起こされます。

紫外線は夏ばかり注目されがちですが、実は年間通して肌に影響をおよぼしています。

つまりUVケアが出来ていない人が多いということです。

 

紫外線を受けつづけた肌は、シミができるだけでなく、たるみの原因にもなります。

これが結果的に顔の引き締まりがなくなって、顔が大きくみえてしまうことにつながっているんです。

小顔対策としても紫外線対策は有効なんですね。

 

日焼け防止の方法としては、日傘や帽子、など肌に直接当てないようにする方法もありますが、季節や場所によって利用できないケースも多いです。

一番理想的なのは、肌に直接塗るタイプの日焼け止めのUVカットケア製品でしょう。紫外線を受けた肌は、活性酸素が発生してしまい、これはたるみだけでなく色素沈着や黒ずみなどの肌トラブルの原因にもなります。

しっかりとアンチエイジングとしての肌ケアだけでなく、紫外線対策としての肌ケアも注意しておきましょう。

 

スポンサーリンク

 

小顔は絶対モテる!?

やっぱり女の子にとって小顔はあこがれ。

小顔ははっきりいってモテます。

同僚がマジでうらやましいほどモテてます。(そこまで顔はカワイイわけじゃない・・・)

顔が小さいと小動物オーラが出るんでしょうか・・・。

男性は守ってあげたくなるんでしょうか・・・?

 

顔がデカイのはかなりのマイナス評価

ここではズバっとはっきり言いますが、顔がデカイのはかなりのマイナス評価です。

「顔が大きいからちょっと・・・・」なんてことは誰も言いません。

いや言えません。それは同性の女性であっても同じです。

「私って顔大きいかな・・・?」

この質問に対して、「うん、大きいね・・・」とは普通言えないですよね。

相当仲が良くて笑い話のネタとして言えるくらいなら答えてくれるかもしれませんが、さすがに誰もが気を使って、「そんなことないんじゃないかな・・?」と回答するところでしょう。

そう、否定はしてくれません。

つまり、あなたが自分の顔が大きいと思ったときには、周りの人は既に承知の上です。

気づいたときには既に遅いですが、それでも今からでも遅くはないです。

顔が小さくなれば、それだけ気づかれやすいということでもあります。

綺麗になれるチャンスがあると考えて、小顔になるための努力に励むしかないですよ!

スポンサーリンク

 

顔が大きくなっている原因

顔の大きさで悩んでいる女性

顔が大きくなっている原因といっても、1つではありません。

元々顔の造り自体が大きい人は、骨格の矯正などが必要になってくるでしょう。さすがにそこは、努力ではなかなか難しいと思います。

それ以外の、例えば、顔のむくみであったり、顔のたるみ、または顔についた脂肪によって、顔が大きくなっている可能性は高い。

 

まずは、自分の顔が大きくなっている原因について把握しましょう。

原因さえわかってしまえば、後はどうするかだけです。

 

脂肪による顔の大きさへの影響

念のため確認しておきますが、顔が大きい原因が脂肪によるものの場合、つまり太っていることが原因で、顔が大きくなってしまっている場合。

自分でも気づいていないだけで、太っていることで顔が大きいのかもしれません。

自分では意識したくないところなので、目をそらしたくなるところですが、実際に、太ると顔が大きくなります。

でも脂肪による顔の大きさは、深刻じゃないんです。

なぜなら痩せれば小さくなるからです。単純な分、方法は簡単です。

ただ、痩せ過ぎは注意しましょう。痩せすぎて顔が細ってしまっては、逆に怖がられます。

芸能人でもよくありますよね。

痩せすぎると、元気がないイメージを与えてしまうので、最低限健康的なイメージを保てる程度に痩せましょう。

 

スポンサーリンク

 

矯正・注射・整形などによる小顔へのアプローチの危険性

プロが行う施術として、矯正や注射、整形などの手段は確かにあります。

しかしこういった方法は、身体の中に対して、外から無理やり身体を変えてしまうといった方法

どうしても恐さというものが残ってしまい、ためらってしまう気持ちもすごくわかります。

 

しっかりとした実績のないようなサロンは選ばないこと!

もしそういった不安なことがないのであれば、素人である自分で行うよりも、確かな技術によって期待した結果を得られることでしょう。

それなりに費用もかかりますが、時間をかけずに早く小顔になりたい方にはおすすめです。

ただ注意したいのが、しっかりとした実績のないようなサロン、見せかけは良いが中身が薄いものを選んでしまうと、効果を感じられず後悔することになります。

 

場合によっては、逆効果で、さらに顔が大きくなってしまうことも。

下手な矯正で顔が腫れた、ゆがみを直してもらうところが、さらにゆがんだなど、十分考えられます。

口コミ評判などをちゃんと確かめて、内容も信じられるものを選んで受けるようにしてくださいね。

 

スポンサーリンク

 

夜寝る時の小顔・顔やせ対策

顔の大きさにはむくみの影響が大きいです。

そしてむくみというのは夜寝ている時に起きやすいですね。

つまり、夜寝るときのケアも小顔対策には有効ということ。

夜寝るときの小顔対策の方法について見ていきましょう。

 

顔にむくみがある

むくみも顔の大きさを作り出す原因の1つです。

朝起きたときに顔が大きくなっている人は、顔がむくんでいますね?

顔のむくみは、肌の内部に水分や老廃物といったものがたまることで起こります。

リンパの流れがうまく流れていないと、体に不要な成分が排出されないんですね。

 

お酒をよく飲むという人は注意が必要

お酒をよく飲むという人も注意が必要です。

アルコールによる塩分の摂取がむくみの原因となっている可能性も考えられます。

顔のリンパの流れをよくするためには、マッサージなどでほぐしてあげるのが効果的です。

血行の流れから考えると、肩こりや首こりも関係している。肩こりがひどい場合は、肩をほぐすことが結果的に顔のむくみ取りにつながる場合もあります。

 

顔の筋肉のゆるみ

顔の筋肉がゆるむということは、表情の筋肉をうまく使えていないということ

加齢によって筋肉は衰えますが、表情筋はふだん使えていない部分が多い人もいます。

誰かと話す機会が少ない人は特にその傾向が強いでしょう。

表情の筋肉が落ちることで、顔全体が下に下がってしまうと、それも顔が大きく見える原因になります。

筋肉をしっかりと正しい位置に戻すことができれば、顔の引き締め効果もあって小顔に近づくということです。

 

小学生や中学生が小顔になるためには?

小学生や中学生はまだまだ成長期です。

顔が大きいことを気にしているかもしれませんが、大人になるにつれて顔の大きさも変化していくはずです。

太っていても、大人になってスマートな体型になると小顔になるものです。

その成長途中に下手に手を加えると、どんなリスクがあるかわからないので危険です。

友達に顔が大きいことでいじられたりするのが嫌かもしれませんが、気にせず放っておきましょう。

成長期の骨格を無理やり変形させると、後々の顔の形に影響が出ないとも限らないのです。

大人になって整形したいですか?

おそらく整形したい人はほとんどいないはずです。

小学生や中学生では、まだ顔の大きさを気にする段階ではないので、しっかりと健康的な体を保つように心がけましょう。

 

小顔になる方法についてのまとめ!

小顔の女性

小顔になるための方法について色々と見てきましたが、いかがだったでしょうか?

 

まずは顔痩せしてみることが一番簡単ですが、それ以外にも小顔になるために注意すべきポイントがあります。

特にふだん顔をあまり動かさないという人は、意識してマッサージしてリンパの流れをよくしないと、顔に老廃物がたまったり、表情筋が衰えてしまって、むくみやたるみの原因となります。

一見すると小顔と関係ないような肌の美容が、実は顔の大きさに関係していたということですね。

 

体の中でも注目されやすい顔は、特に注意してケアを行う必要があります。

継続して取り組まないと、なかなか効果も続かないので大変ではありますが、無理のない範囲で少しずつキレイになるための努力を続けていきましょう!

関連コンテンツ



人気おすすめ記事

1

休日の上手い過ごし方がわからない・・・。そんな人のために休日の過ごし方の悩みタイプによっておすすめの方法を伝授します!

2

大人気でいきおいの止まらないすっきりフルーツ青汁! はたしてダイエットに有効なのか!?美容面でどれだけ優れているのか!?   そんなすっきりフルーツ青汁のどこがすごいのかについて詳しくまとめ ...

3

目つきの意外な改善方法が・・・!?目つきの悪さはデメリットばかり。早く治さないと損しつづけることに・・・。顔の印象を整える表情筋ストレッチもあわせてどうぞ!

4

バストアップを諦めてしまってませんか? これまで中途半端にバストアップに取り組んできた人は、効果を出し切れていない可能性は高いです。   バストは1カップでも大きくなれば、見た目にはぜんぜん ...

-スキンケア

Copyright© おすすめトレンド美容健康サイト , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.