出産後のしぼんだおっぱいを元に戻したい!卒乳時に気をつけたい育乳方法まとめ!

2016年12月15日

卒乳後の胸について心配されているということは、出産によって胸が大きくなった方ということでしょうか?

胸が大きくなるということは、女性にとっては基本的には嬉しいことです。

出産後にしぼんでしまった胸は、元に戻すことができるのか?

 

今回は、卒乳後に気をつけたいバストケアの方法について、詳しく解説していきます。

 

 

スポンサーリンク

産後に胸が小さくなる原因

産後に胸が小さくなる原因について、見ていきましょう。

 

 

出産前の状態に戻る

授乳後、卒乳後に胸が小さくなる大きな原因は、出産前の状態に戻るからです。

当たり前の話ですよね。

でも、産後の胸で悩んでいる人は、別に胸を大きくしたいわけじゃないはずです。

出産によって大きくなったバストがもとに戻った時、以前よりもハリやツヤがなく、元気がないバストに悩んでいるんです。

ここがポイントですね。

 

クーパー靭帯の重要性

バストが垂れないためには、クーパー靭帯が重要になってきます。

出産していきなり胸が大きくなった人は、これまで胸が大きかった経験がないため、バストのケアについて知識がない。

寝るときも何も着けずに、放り出していたら、寝返りなどでクーパー靭帯が伸びてしまうこともあります。

 

その後に、バストサイズが戻ったらどうなるか・・・。

なんとなく予想がつきますよね。

 

スポンサーリンク

産後のバストケアの重要性

注意したいブラジャーのサイズ

出産後、胸が大きくなるにつれて、ブラジャーのサイズが合わなくなってきます。

「確かにきついけど、我慢できないほどじゃないから、出産前と同じサイズのままのブラジャーを使用していた。」

「授乳中から卒乳後までずっとサイズの大きいゆったりしたブラジャーをつけ続けていた」

こういう人多いんです。

でも、ブラジャーのサイズはとても大事。

締め付け過ぎれば、胸周りの血管やリンパの流れを遮ることになります。かといって、ゆるすぎると胸につくはずの脂肪が、横に流れてしまったり、形を保てないまま皮膚が伸びきって垂れる原因になってしまいます。

 

最も良いサイズというのは、やはりジャストサイズ、もしくはカップの上部が少しだけ余裕がある程度のサイズ感です。そして、肩紐のワイヤー調整ができるものがベストですね。

 

スポンサーリンク

産後のバストアップの方法

もちろん、卒乳後に小さくなっていく胸を抑えるというアプローチだけではありません。

妊娠によって胸が大きくなるという確かな変化があったのですから、バストアップのアプローチもとても影響を受けやすい体と言えるでしょう。

 

バストアップにも様々なアプローチがあります。

自分にできそうなバストアップのアプローチがあれば、積極的に取り組んでみると、思っている以上に効果を感じることができると思います。

ハリや艶がなく、垂れ下がった胸を何とかしたいという方は、バストアップクリームがおすすめです。

胸を大きくする方法!【超短期間】バストアップでたった1週間でも胸が大きくなる!?

 

スポンサーリンク

出産後に小さくなってしまった胸を大きくする方法のまとめ

女性の体は出産によってホルモンなどに大きな変化が起こります。

通常であれば元に戻るはずの胸のサイズが元に戻らない場合、しっかりとケアしてあげる必要があるということです。

 

そのままにしておくと、今後元に戻る可能性は低いままです。

ふだんの生活で胸に影響することで、取り組めていなかったことがあれば、積極的にアプローチしていきましょう!

スポンサードリンク

関連コンテンツ