ライフスタイル

社会人は友達がいないのが普通?社会人の作り方とは?

更新日:

友達がいないことで悩んでいますか?

別に友達がいなくても良いけど、たまの休みに気軽に遊べる友人がいればいいなと思うことはある。

そんな感じでしょうか?

遊びに出かけなくてもLine何かで気軽に話せるだけでもいいですよね。

社会人になると基本的に友達を作りにくくなります。

でも、それは行動しだい。

友達を作ろうと思えばすぐにでも簡単に作れるんです。

 

今回は友達がいない社会人が簡単に友達を作る方法についてまとめてみました。

 

 

スポンサーリンク

 

社会人は友達がいないのが普通

基本的に社会人は友達が少なくて当たり前です。それが普通なんです。

なぜなら時間の都合が合わないからです。

 

社会人は自然に友達と疎遠になっていく

仕事で拘束される時間を考えてみてください。

たとえ友人がいたとしても、平日は会う時間さえ取れないでしょう。

だからといって休日も時間が取れないのが社会人。

一人暮らししている人は、掃除、洗濯など身の回りのことを全部自分でする必要があります。

彼氏や彼女がいるなら、休日の時間は全て恋人に捧げるのが普通ですよね。

そして、日曜日は翌日から仕事ということで、予定を入れたくない人も多いはずです。

そう考えると、友達と疎遠になるのが普通なんです。

学生時代や未成年の頃のように、自由な時間が少ない社会人は、友人と疎遠になり、友達がいなくなるのです。

いたとしてもごくわずかな少人数の人と、たまに会ったり連絡を取り合う程度です。

 

社会人における友達の定義とは?

友達を作る前に、どの段階で友達と言えるかを自分自身が理解しておくことが大切です。

友達と行っても定義が曖昧ですよね。

どこまで仲が良ければ友達と呼べるのか?

その線引きも自分次第ではありますが、ハードルを上げすぎないことが重要です。

 

ネット上だけの人間関係でも友達と言えるか?

インターネット上だけでしかやり取りをしたことがない人でも、友達と考えることができますか?

「一度も会ったことがなければ、友人じゃない!」

そういう考えを持つ人なら、友達を作るのは難しいかもしれませんね。

今の時代は、インターネット上で知り合った人と結婚する人もたくさんいます。

顔を見たことがなくてもコミュニケーションが取れれば、友人と考えることができる人もいます。

そう考えると、今すぐにでも動き出して今日中に友達を作ることもできます。

あなたの中の友達のハードルはどれくらい高いですか?

自分の中の判断する定義を見直してみてください。

 

友達がいない人ほど理想が高い

友達がいない人ほど、友達に対して要求するレベルが高い傾向にあります。

友達に対して理想が高すぎるんです。

あなたにとっては知り合い程度だとしても、他の人は友達と言ってしまう場合もあるでしょう。

友人はあなたの保護者ではありません。

あなたの雇い主でもなければ、部下でもない。

もちろん家族や兄弟でもないし恋人でもない、赤の他人に過ぎません。

 

スポンサーリンク

 

友人関係に上下関係はないはず

友達になる人は、上下関係にはならないはずです。

上から目線で見下せば、相手は嫌がるに決まっています。

逆にへこへこしてへりくだって下手に出られるのも、気持ちが悪いですよね。

子供であれば、力の強い子が偉そうにして威張ったりしますが、社会人であれば最低限のマナーは心得ているはずです。

友達の定義なんて考え直さなくても誰もがわかっていることと考えがちですが、改めて自分の中での定義を見つめ直しておくべきです。

期待しすぎずに気軽な気持ちで付き合うことを前提とすれば、誰とでも簡単に友達になれますよ。

 

スポンサーリンク

 

社会人の最も簡単な友達の作り方

友達がいない男性

社会人になると1日のほとんどの時間が仕事に奪われてしまいます。

物理的に考えて、仕事以外で人に会う機会が圧倒的に少ないということです。

そんな中で友達を作るためにはどうすれば良いのでしょうか?

 

インターネットを利用する

社会人が簡単に友達を作る方法は、インターネットを利用することです。

ネット社会の今の時代であれば、一度も会ったことがなくても友達を作ることができます。

今はネット上で一度も会ったことがない人同士が結婚する時代です。

 

結婚に比べて友達を作るだけなら簡単だと思いませんか?

明らかにハードルは低いです。

しかもその数も圧倒的に多い。

男女問わず、自分の気の合う人を見つければいいだけです。

仮に100人の人と話したりチャットしてみて合わないと思ったとしても、まだまだ何千、何万、何億人もの人がいる。

もちろん海外の人でもOK。

コミュニケーションがとることができれば、後は仲良くなるだけです。

 

スポンサーリンク

 

SNSが最も簡単かつ早い

インターネットの中でも、SNSを利用すればすぐにでも友達ができるはずです。

一番簡単なのは、自分の好きな趣味のコミュニティに所属することです。

自分の好きなことなら、話すのが苦手な人でも話す内容に困ることはないはずです。

あえて友達になりたいと言わなくてもいい。

まずは話の輪の中に入ってみましょう。

直接誰かに話しかけても良いですが、いきなり知らない人に話しかけられると警戒されるかもしれないので、初心者歓迎のようなグループチャットに参加するのが、手軽でおすすめです。

気になる人がいればTwitterなどで直接コメントを書いたり、ダイレクトメッセージを送っても良いですが、友達作りに慣れてない人は、丁寧に書きすぎて逆に警戒されがちです。

重くなりすぎないように、気軽に話しかける程度にするのがベストな選択でしょう。

 

スポンサーリンク

 

直接会わないと気が済まない場合

顔を見ない相手とは友達になりたくないという人であれば、実際に人に会える場所に足を運ぶしかないですね。

外出して友達を作るときに重要なのは、何度も会える様な場所を選ぶことです。

一度だけ会って仲良くなっても、なかなかそれが続かないと仲良くなる時間が少ない。

そうなるとただの知り合いに終わってしまうでしょう。

定期的に通えるような趣味を持っていれば、そこで何度も会う人と自然に友達になることができるはずです。

 

習い事を始めてみる

新しい習い事を始めるのもおすすめです。

慣れないことに1からチャレンジする状況をともに体験することで、自然に親しくなれる場を持つことができます。

 

女性であれば料理教室なんかがおすすめですね。

男性はジムやスポーツを利用すると、喋るのが苦手でも体を動かしたり運動が得意なことを見せることで、興味を持ってもらえるでしょう。

自分の得意なことでもいいですし、苦手なことにあえて挑戦して教えてもらうことで仲良くなる。

休日の時間は潰れてしまいますが、直接会った友達を作るには必要なことですね。

 

馴染みの居酒屋に通う

居酒屋や飲み屋でも友達を作ることはできます。

お気に入りの居酒屋に何度も通う様にすれば、そこの常連客と顔見知りになって、いつのまにか友達になっている。

これもよくあるパターンですね。

飲み屋の場合だと、年齢層が幅広いので同年代の友達には持っていない様々な話を聞けたり、自分の興味がなかった意外なジャンルの関係が持てるので、これもおすすめです。

お店のマスターに自分の得意なことを知ってもらっておけば、店主が別のお客と上手にマッチングさせてくれることもあります。

あまり大きすぎないこじんまりとしたお店を選ぶのがポイントですね。

誰もが知っている様な人気の店を選んでしまうと、人が多すぎてなかなか相手にされないですからね。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

社会人が友達を作る方法についてまとめてみました。

 

友達がなかなかできないと言う人は、自分の中のハードルが高くなっていませんか?

友達なんて作ろうと思えばすぐにでも作れます。

今の時代ならインターネットに仲良くなってから直接会う約束もできます。

働きながらでもチャットで会話することで、合間の時間で仲良くなれます。

一人で寂しい人は、どこかのコミュニティに所属することをおすすめします。

最初は恐いですが、すぐに慣れて飛び込んでみてよかったと感じるはずですよ。

 

関連コンテンツ



-ライフスタイル

Copyright© おすすめトレンド美容健康サイト , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.