性格・心理

心から笑えない笑えなくなった時の対処法。笑わない人の心理とは?

更新日:

周りの人がみんな笑っている場面で、自分一人だけ笑えない。

その時に感じるのは、自分がおかしいのか?ということです。

 

誰だって毎日笑いながら過ごしたいはずです。子供の頃はみんな無邪気に笑っていましたよね?

  • 笑わない人は心理的な問題を抱えているのか?
  • 笑いたいと思っているのに、心から笑えない人は何が原因なのか?
  • 昔は笑っていたのに、笑えなくなった原因とは?

このあたり、はっきりさせないと病み続けることになるでしょう。

 

今回は、心から笑えない笑えなくなった時の対処法、笑わない人の心理について迫りたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

笑えない原因とは?

なぜ笑えないのか?

もちろん人によって、笑えない原因は違うでしょう。

ただ、多くの人に当てはまるのが、何かうまくいっていないことがあるということです。

 

例えば、学校での出来事だったり、会社での仕事が上手く行っていない。

そのことは、今の自分にとって、重要なことだけど解決できずにいる。

こういうときは、頭の中で忘れたくてもなかなか忘れられずに、常にどこかで嫌な気分を味わっているはずです。

悩みごとを抱えたままでは、笑えないですよね。

笑っている場合じゃない・・・。そんな気分はとてもよくわかります。

 

自信がなくなると笑えない

人って、自信がなくなると笑えないですよ。

おとなしい性格や、精神的に弱いタイプの人は、注意が必要です。

なぜなら、周りの人間より自分のことを劣っていると考えてしまいがちだからです。

 

笑えないっていうことは、周りに負けてしまっているんですよ。

嫌なことがあると、すぐ笑えなくなる。

「私今全然笑えない・・・。」

「なにやっても楽しくないし・・なんで自分だけこんな風にならなきゃいけないの?」

かなり落ち込んでいて、ヤバそうな雰囲気ですよね・・・。

自分でなんとかできないなら、誰かに頼ってでも助けてもらうべきです。

もし誰にも頼れないプライドを持っていたり、周りに相談できる人がいないままだと、気持ちが落ちたまま生活を送ることになってしまいます。

 

笑いに対する2つの意識の違い

人から笑わせてもらうだけの人と、自分から笑いにいく人の意識は、似ているようで全く異なります。

笑えないことで悩む人は、笑わせてもらうだけの人なんですね。

これだと、運良く自分のツボにはまる出来事があれば、楽しいし笑っていられるかもしれません。

でも、それ以上に嫌なことがあれば、すぐに笑うことはできなくなります。

いわゆる情緒不安定にも似た症状ですね。

 

自分から楽しくなりたいと思っている人は、ポジティブな考え方で、嫌なことを抱えながらも笑っていたいと心の底から考えています。

常に笑顔でいられる人というのは、心の強い人なんですね。

いつも笑顔で笑っている人の特徴と心理。笑っている人ほど心の中では意外と!?

 

ネガティブ思考に陥りやすい人は、絵の具でいう黒色のように、ほんの少し嫌なことがあるだけで、全体を塗りつぶすように気分が落ち込むのです。

100ある内の99が楽しいことでも、たった1つ嫌なことがあれば、笑えない。

人生生きていて、常に100%楽しい状態が続くわけがないですよね。

 

楽しそうに笑って生きている人でも、当然みんな大なり小なり悩みを抱えて生きているんです。

どこに注目するのかによって、楽しく生きるのか暗く生きていくのかは変わります。

明るい性格の人の特徴と心理とは?周りを明るくする人になるために必要な思考方法

 

写真で笑えない人の心理

写真で笑えない心理も複雑です。

 

求められる笑顔を理解していない

写真に求められる笑顔にも種類があります。

どんな写真を取るかも重要なポイントですね。

例えば、知らない人に提出するための印象を良くする場合だと、にっこり笑ったスマイル顔が好印象になります。

こらえきれず吹き出した笑顏、爆笑顔だと失礼ですよね。

要するに、笑顔に意味を込める必要があるということです。

 

友達との思い出の写真なら、心から笑っている楽しんでいる笑顔。

誠実さを出すための証明写真なら、口元を閉じて口角が上がった笑顔。

家族で撮る写真なら、落ち着いて穏やかな笑顔。

状況によって、笑顔に求められるものは違うはずです。

あまり作りすぎても、逆に変な笑顔になるかもしれません。

気になるなら、鏡の前で自分が納得できる笑顔を、練習してみることをおすすめします。

 

パニック障害の可能性

普段なにげないときは普通に笑えるのに、写真となると笑えない人の場合。

これは、緊張から来る表情の引きつり、過剰な言い方をすればパニック障害が原因かもしれません

 

「撮られる」と意識した瞬間、呼吸も上手くできずに表情が作れない。

心臓がバクバクしたり、手、頭など体が小刻みに震えてしまう・・。

動いてはいけないというプレッシャー、最高の笑顔を見せないといけないプレッシャー。

自分でも気づいていない深層心理の状態が、問題を起こしているかもしれません。

 

ひどい症状になると、薬を飲んで対策する人もいるので、真剣に悩んている人もいる問題ですね。

軽い症状なら、深呼吸して、とにかく頭で考えずぎないようにしましょう。

リラックスして、相手のことや自分の心配ごとを忘れることが解決策になります。

 

笑わない人が持つ心理・特徴と対処法

笑わない女性

常にネガティブで批判的な考えや態度をとっている人

誰でも経験していると思いますが、どんな時でもネガティブな考えの人っていますよね。そんな人って笑うとしても笑顔というよりも、歪んだ笑みを作るんですよね。

プライドが高い人。すぐ相手をけなしたり、批判しかできない人。こういう人って、周りの人を低レベルと見下していて許せないんですよ。

だから優しい笑顔を作ることができないんです

 

「自分だけはわかっている。周りの奴はなにもわかっていない。」

「こいつら頭悪すぎるわ・・・笑」

こんな風に他人を見下している人は、周りを癒やすような笑顔を作ることは絶対にありません。

笑うとしても、見下す笑い。いわゆる嘲笑というやつです。このタイプの人間は、同じように他人を見下している人としか、交友関係を作れないです。そして絶対に大成しないんですよね。

他人をないがしろにする奴は、必ず成功しない人間。できる限り関わらない方が身のためですよ・・・

 

自分をさらけ出すのが怖い人

無表情の女性

笑うという行為は、自分だけに閉じているものではありません。「何を面白いと思ったか?」ということを周りに発信しているわけです。

おとなしいタイプの人は、周りの人に自分のことをさらけ出すのが怖い。そのことで笑うことに対しても自分でブレーキをかけてしまっている可能性があります。

警戒心がかなり強いと言えます。

 

仲良くなって打ち解ければ、笑顔を見せるのはこういうタイプの人です。

笑わない人には、人見知りで周りの人を恐れている人もいるということです。周りに気の合うタイプの人が見つからないと、いつまでたっても笑うことができないまま過ごすことになるかもしれませんね。

人間不信の原因や特徴と対策方法とは?自分が人間不信になっていないかチェック!

 

スポンサーリンク

 

笑うということを恥ずかしがっている

笑わない人が当てはまる例の1つとして、恥ずかしがり屋な人がいます。

笑顔というものは、自分以外の周りの人に対して、自分の状態を発信することになってしまうんですね。自分を出せない人ほど、人前で笑うのが苦手です。

なぜなら、笑うこと自体が発信になるからです。

クールに装っている人も、実は掘り下げると恥ずかしがりだという人、けっこういますよ。自分では認めないかもしれないですが・・・。

 

真面目で自分の信念を持っている人

一般的には、笑わない人は協調性がない人という扱いをされています。

確かに協調性がないかもしれません。しかしそれは、自分の考えをしっかりと持っているという証でもあります。すぐに笑顔を見せる人は、実はあまり何も考えていません。よくわかっていなくても、敵対心を見せずにすぐに受け入れる。理解していなくても構わないと言う人なんですね。

それに比べて真面目な人は、理解していない自分を許せない人。本当に理解して納得した時しか笑わない人なのでしょう。

承認欲求の強い人の特徴とは?なぜ人に認められず満たされないのか?

 

スポンサーリンク

 

低レベルの笑いでは満足できなくなっている人

笑いのレベルが低すぎて笑っていない人もいます。笑わない人は実は面白い人で、周りのレベルが低すぎて笑えない

笑わない人こそ、お笑いに対してプライドを持っている。ユーモアのあることに対して価値を置いておいて、追求しているからこそ、通常の面白いことでは満足できなくなっている。

笑いのレベルが低い人達は、ノリが良いことが面白いと勘違いしているので、学校や会社のような人の集まりの中では、面白い人で人気者として扱われています。

ただしその実態は、レベルの低いくだらない内容ばかりで、しょうもないんですよ。そこに対して反発を感じている人は、笑いたくない気持ちはわかります。

それでも周りに合わす協調性があれば、愛想笑いくらいはできそうなものですが、自分の中で曲げない信念を持っている人であれば、それさえも嫌なのでしょう。

基本的に学歴が高いほど、低レベルなノリを嫌う傾向にあります。

 

スポンサーリンク

 

同調圧力に対して反発している人

笑わない人は、同調圧力に対して反発している可能性もあります。

特に日本社会の場合、周りの人に合わせようとする同調圧力が強すぎます。海外の欧米諸国であれば、ディベートなどの議論で熱く対立するのは、当たり前の文化。自分の考えを真っ正面からぶつけることに慣れています。

 

それに対して日本社会は、できるだけ他人とのぶつかりを避ける。それが結果的に良い効果を生むとしても、対立自体が既に問題と認識しているんです。

年功序列で何も意見を出せなかったり、暗黙の空気を読む能力が必要とされる社会。そんな同調圧力に対して、最後の砦となる自分の表情だけは屈することができない表れなのかもしれません。

すぐに他人と比較してしまう癖を直す方法とは?比べてしまう人が持つ特徴と心理

 

スポンサーリンク

 

笑顔を上手く作れない人

こわばった笑顔を見せる男性

心の中では笑っていてもそれをうまく表に出せない人もいます。普段から笑っていない人は、表情の筋肉を動かしていないために、笑顔を作れないんです

表情が固い原因と心理状態とは?

 

表情筋は、笑うことでしか動かす機会はない部分もあります。話すときも、最低限の口の周りしか開かないため、口角を開かず印象の良い笑顔を作れないんです。

いつも笑顔の人は、意識して笑わなくても顔が笑った状態で保たれます。それは実は筋肉による力だったんです。

無表情の人は、鏡の前で無理矢理笑顔の形になるように、力を入れて3分間ほど継続してみてください。鏡を見る前と同じ様に力を入れていなくても、自然と笑顔の形になっているはずです。

表情筋はめっちゃ重要!見た目の印象度がかなり上がる表情筋トレーニング厳選まとめ!

 

みんな笑っているのに笑えない原因

基本的には仲が良いグループだけど、たまにみんな笑っているのに自分だけ心から笑えないときってありますよね。

これで悩んでいる人も意外と多いです。

でもそれは笑いのポイントが違うだけ。笑いのポイントが違うということは、価値観や趣味・趣向の違いだけです。

つまり、どっちも悪くないんですよ。

 

完全に笑えるポイントが一緒な人間なんてこの世にはいません。

一緒に笑っていても、あとで聞いてみたら「そんなに面白くなかったよね・・・笑」なんてことを聞くことも多いですよ。

特に若い世代の人は、周りに合わせないと、はぶられたりすることを恐がって、無理やり笑おうとするんです

それも1つの世渡りスキルですが、無理に合わせる必要もないですよ。合わないと思えば別の人間関係を築けばいいんです。

 

普段あまり笑わない人が笑うと好印象

普段あまり笑わない人が、たまに見せる笑顔って素敵ですよね。

やっぱり笑顔はコミュニケーションにおいて重要です。相手にやわらかい印象を持たせるには、恐い顔をしていてはいけないんです。

 

実は意図的に、重要な場面でのみ笑顔を見せるスキルをもっている人もいます。

それほど笑顔は効果的なんです。いわゆるギャップによる効果というやつですね。

恋愛と同じで、感情を大きく揺さぶられると人は大きな印象を受けます。

誰かにお願いするときに、とっておきの笑顔を見せれば断りにくかったりしますよね。

たとえ突然だとしても、笑顔を見せることで印象が悪くなることはないはずです。

笑顔が素敵な女性がモテる理由とは?笑顔に弱い男性の心理

 

まとめ

笑わない人の心理と原因や特徴についてまとめてみました。笑わない人にもそれなりに事情があるわけです。

無理して笑う必要もないでしょう。しかし、自分で笑いたいと思っているのであれば、改善する必要があります。

でも、問題点をしっかりと認識すればすぐに解決することはできます。

周りの人に笑わない人がいるのであれば、その人のことを理解してあげることもできるでしょう。

それとなくアドバイスをしてあげることも可能ですが、他人を変えることは難しいのでやりすぎないように注意しておきましょう。

なぜ無表情なのか?無表情な人の抱える心理や改善方法とは?

 

関連コンテンツ



-性格・心理

Copyright© おすすめトレンド美容健康サイト , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.