性格・心理

神経質な人の特徴や性格、改善する方法とは?

投稿日:

「もしかして神経質?」

周りの人に指摘されてドキッとしたことはないでしょうか?

神経質な人は、細いことが気になって仕方がないはずです。

しかし、周りの人は自分よりも鈍感に見える。

果たして自分は間違っているのだろうか?

そう考えても無理はありません。

 

今回は神経質な人の特徴や性格、改善する方法について、詳しく解説していきます。

 

 

スポンサーリンク

 

神経質な人の特徴や性格

理想が高すぎる

理想が高い人は、神経質になりやすいです。

完璧主義者も、理想が高すぎることが原因。

完璧にこなすことができれば、カッコいいですが、いつでもパーフェクトになんでもこなせるとは限りません。

むしろ、失敗することの方が多い。

失敗したらイライラしますよね?

これがさらに神経質になってしまう引き金となります。

 

どうでもいいことの判断がつかない

後からよくよく考えてみれば、どうでもいいことってありますよね。

でも、すぐに周りに反応してしまう人も結構多いですね。

どうでもいいことはすぐに切り捨てて、頭の中で切り替えないと、くだらないことに引きずられることになります。

神経を無駄に使ってしまうとも言えます。

精神的に消耗してしまうと、これもまたイライラの原因の1つになりえます。

普段からくだらないことに反応してしまっていませんか?

 

人間関係に自信がない

人間関係に自信がない人も神経質になりやすいです。

人と関わる場面では、常に気を使っている状態だからです。

「誰かに迷惑をかけていないだろうか・・・?」

「なにか喋らないと、まずいかも・・・」

内向的で、自分から明るく振る舞えない人、会話が苦手な人、心当たりはありませんか?

社会で生きていく以上、人と関わらずに済む場面は、かなり少ないです。

人間関係に自信がないと、神経を研ぎ澄まして気を張り続けるような生活を送る羽目になるということです。

 

神経質な性格を改善する方法

他人を気にしないようにする

神経質な性格で起こる問題は、人間関係の問題がかなり多いでしょう。

つまり、他人を過剰に気にしていることが問題。

となると、解決方法としては、他人を一切気にしないようにすることです。

少し無愛想と思われるくらいが、改善の一歩としては良いでしょう。

「周りの人が何を考えているか」について、考えることをやめる。

誰が何を考えていようと、関係ない。

そういった意識を持つことです。

言い換えると、「自分自身にのみ集中する」とも言えます。

自分を大事にすることで、神経質な性格から解放されるということです。

 

失敗や間違いを受け入れる

世の中失敗だらけです。

常に誰かが間違いを犯している。

間違えない人なんていないんです。

もちろん自分自身もそうです。

そういうことを最初から意識しておけば、自分や誰かが間違ったとしても、反応せずに済みます。

最初から間違うことが分かっていれば、驚くこともないはずです。

 

期待値を下げる

なにかに期待していることがあったとして、その期待値を今までよりも低く見積もってみましょう。

理想を追い求めると、どんどんハードルが上がって厳しさが増していきます。

トップを目指すと、かならず条件が厳しくなる。

この状態になると、ピリピリして空気が張り詰めて緊張感が周りに伝わってしまう。

それよりも、現状の自分を正しく評価してあげることに集中する。

この気持ちとしては楽になるはずです。

 

結果を追い求めるのではなく、自分がどれだけ努力できたかを評価するのです。

もし自分の頑張りを認めてあげることができれば、結果は関係なく受け入れることができるはず。

アスリートの人たちは、常にこういった精神状態にあります。

そうでないと、メンタルを保つことはできないからです。

 

まとめ

神経質な性格は、長い年月が経って培ってきた自分の感覚。

一朝一夕で簡単に改善できるものではないでしょう。

ただし、考え方を知って、自分が神経質になっている場面が訪れるたびに、修正を続けていけば、徐々に改善できるはずです。

高すぎる理想を持たない

周りの人間を気にしないこと

失敗や間違いを受け入れる

このことを意識してみることをおすすめします。

 

関連コンテンツ



-性格・心理

Copyright© おすすめトレンド美容健康サイト , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.