手汗の原因と手汗改善対策のための4つの知識

2016年9月29日

汗っかきな人の中でも、手に汗をかいてしまう人。手汗で何が嫌かって言うと、特に他人に迷惑をかけてしまうことですよね。

他人が使うものを触った時に、ちょっと濡らしてしまったり。好きな人と手をつなぐときも、ずっと汗をかかないか気にしてしまったり。紙に何か書く時もすごく紙が濡れたり、スマホが反応しなかったりと、意外と日常生活において色んな支障が出てしまうんです。

そうやって、考えれば考えるほど逆にもっと汗が出てしまったりするので、悪循環・・・。この悩みは意外と深いですよね・・・。

 

今回はそんな悩みを持つ方に、手汗の原因と、事前の対策方法について、詳しく解説していきます。

 

 

スポンサーリンク

そもそも手汗が出る原因って?

手汗が気になる女性

そもそも手汗をかいてしまうのはなぜでしょうか?体質と言ってしまえばそうなのですが、少しだけ汗の器官について詳しくなっておきましょう。

 

汗には2種類ある

汗を出す器官(汗線)には、2種類あり「エクリン線」と「アポクリン線」に分けられます。この2つの汗線から流れる汗の性質は、かなり異なります。実はどんな人でも手に汗をかきます。ただし手汗に悩まれている方は、このエクリン線の量が人より多い傾向にあります。

それが原因で、手のひらからたくさん汗が出てきているのです。

 

スポンサーリンク

気になる手汗レベルのチェック!

ここで今自分がどれくらいの手汗レベルなのかチェックしておきましょう。手汗が出る状態にも個人によって差はあります。

 

ある状況だけ手汗が出るタイプ

例えば、人前で話す場面だったり、恋人と手をつなぐタイミングだったりと、意識した瞬間に汗をかくタイプ。これは、心の焦りが手汗を生んでいるので、対策しやすいレベルです。

要は精神状態が肉体に現れているので、考え方や事前の対策ができていれば、改善することはできます。

 

季節に影響される人

このタイプは、体が季節に影響されやすい体質ということですね。夏場の暑くなる季節に、特に手に汗をかきやすいということでしょうか。

季節でそうなりやすいことがわかっているのであれば、あらかじめ対策準備もしやすいレベルです。

 

常に手に汗をかいている人

何もしていないのに、気づいたら手汗をかいているタイプ。このレベルの人は、カラダに異変が起きている可能性が高いです。ふつうにしていて汗をかくというのは、病気の可能性もあります。

通常であれば、手だけでなくカラダ全体で汗をかいていると思いますが、手だけであっても一部分で異常に汗をかくのは危険です。もし汗の量が、軽くにじむ程度ではなく水滴にちかいものができるレベルであれば、すぐに病院で診断してもらうべきです。

 

スポンサーリンク

手汗の対策改善方法とは?

過去に手汗が出たことによって、嫌な経験をしたことのある方は、そのことが頭に残っているため、また同じことになるんじゃないかと考えます。それがさらに手汗を出すことに拍車をかけるんですよね。

この不安を取り除くためには、あらかじめ対策を打っておく必要があります。

事前に手汗に対する準備をしておけば、精神的な安心感を得ることができるので、何もしていないときに比べて、どんどんと悪循環におちいる心配がなくなります。

 

汗が出る前に先手を打つ

汗が出る時の対策ではもう遅いんです。「汗が出てこない安心感」こそが、一番の解決策なんです。

汗をかきやすい性質というのは、なかなか改善は難しいでしょう。汗を変に止めると、カラダの器官の働きを阻害することになるので、健康にもよくないですし、危険です。

そうではなくて、汗をかいても問題ないような対策を打っておくということなんです。おむつのようなイメージと言えばわかりやすいでしょうか。なんでそこまでしなければ、と思うかもしれませんが、それでも手汗の心配がなくなるのならと思う方もいるかもしれません。

 

人の悩みというのは、自分が体験しないとわからないものです。人から見れば些細な悩みに見えるものでも、本人にとっては一大事。それを未然に防げるのなら、対策を用意するのも正しい行いだと思います。問題を目の前に、ただ呆然とショックを受けて落ち込んでいるよりも、しっかりと問題を認識して、改善にアプローチする方が、よっぽど良いですよね。

そしてそれを実現してくれるのが、手汗対策クリームのTESARAN(テサラン)なんです。

 

手汗対策クリームのTESARAN(テサラン)

テサラン

 

テサランは手のひらに塗るだけで、長時間の間、手汗がでないサラサラした手のひらを保つことができます。手軽に使用できて持ち運びしやすいので、いつでもどこでもいざという時にすぐに対応することができるんです。

 

手汗を防ぐメカニズム

実際に、テサランを使うとどのような構造で防いでくれるかというと、テサランの成分が手のひらの汗腺にフタのような役割を果たしてくれます。

同時に、殺菌や消臭効果もかねているので、清潔で嫌な臭いもしなくなります。

  • ・制汗 → 肌に優しく、汗を防ぐ
  • ・殺菌 → 表皮の菌を殺菌
  • ・消臭 → イヤな臭いを防ぐ

この流れはわかりやすいですね。

 

朝1回使えば、72時間も持つ

特に美容師などの手を直接お客様に触れるような仕事の方に、非常に評価の高いテサラン。1日に気になって何度も使用する必要がなく、朝に使えばその効果の持続性の高さに驚くでしょう。

いつでも持ち歩けるタイプのものですが、緊急で使えない場面もあるはずです。長い持続性を持っているので、朝に使えば良いということは、緊急時の対応力も非常に高いということです。

 

手のニオイの問題も同時にケアしながら、殺菌も行ってくれるので、汗でベタベタした不潔なイメージとはかけ離れた、すべすべのさらさらした手にいつでも保つことができます。

本気で悩んでいる人は、ぜひ公式サイトをチェックしてみてください。

 

 

TESARAN(テサラン) の詳細はこちらから>>

テサラン

スポンサーリンク

自分の状況にあった手汗対策が重要

手汗は単純に見れば、手に汗をかいているだけですが、その背景はそれぞれ深い事情が隠れています。自分の原因をしっかりと確かめて、そこから逃げずに対策をすることが重要です。

おそらく多くの場合、精神的な要因が大きいでしょう。「手に汗を握る」なんで言葉があるくらいですからね。

 

自分が焦りやすい状況を思い返す

過去に自分が手汗を感じた場面。思い出したくないでしょうが、対策するためにはここで踏ん張ってもう一度シミュレーションしておく必要があります。

頭の中で思い出して、しっかりと対策できていれば、いざその場面が訪れても一度イメージできているので、焦りも薄いはずです。

 

とにかく落ち着くこと

ただ、準備しようと思っても全ての状況が準備できるわけじゃないですよね。自分が思いもよらない場面で、突然焦ってしまって手汗が出てしまうこともあるでしょう。そういった時に自分にできることは、とにかく落ち着くことです。

心の変化によってカラダに変化が起きているので、ここで焦ってしまっては状況が悪化するだけです。もう起きてしまったことはしょうがないので、まだその状況下にあったとしてもとりあえず落ち着くこと。

心の中で、何度も「落ち着け落ち着け」と念じて、深呼吸しましょう。これだけでも随分違ってくるはずです。

 

汗が出やすい食べ物はひかえておく

汗が出ることがどうしてもイヤな場合は、ふだん食べているものにも気を使っておきましょう。特に太り気味の肥満体質の場合は、汗が出やすいですよね。

体脂肪が多い方であれば、ダイエットに取り組むことで、手汗の対策にもなるということです。いきなりは無理かもしれませんが、思い当たる節があれば、1つの方法として取り組むのも良いでしょう。

 

手汗の原因と対策方法のまとめ

化粧水、美容液、乳液、クリームなどと同じように、普段から汗が出にくい状態に肌を整えることが大切です。テサランで事前対策をしっかり行い、サラサラを持続することで、手汗への不安や心配事をなくしましょう。

今まで手汗で悩んでいた人にとっては、手汗のストレスから開放してくれる素晴らしいアイテムでしょう。

汗が出ることにいつまでも悩まずに、ワキのニオイを抑える制汗スプレーのように、手にもいつでも吹きかけて、気分爽快な生活を送りましょう!

 

スポンサードリンク

関連コンテンツ